国枝慎吾が4年ぶりV王手 V7狙う上地結衣も快勝

<車いすテニス:ジャパンオープン>◇第4日◇26日◇福岡県飯塚市・筑豊緑地公園テニスコート◇男女シングルス準決勝ほか

男子世界ランク1位の国枝慎吾(35=ユニクロ)が4年ぶり9回目の優勝に王手をかけた。同11位のトム・エバーリンク(オランダ)に7-5、6-0でストレート勝ち。第1セットは強風の影響もあって苦戦したが、積極性を取り戻した第2セットは圧倒した。決勝では同5位のステファン・ウデ(フランス)と対戦する。ウデは同3位のヨーキム・ジェラード(ベルギー)に6-4、6-4で勝った。

女子では世界ランク2位で7連覇を目指す上地結衣(25=三井住友銀行)が同3位のアニーク・ファンクート(オランダ)に6-4、6-1で破った。決勝では同1位のディーデ・デグルート(オランダ)と顔を合わせる。デグルートは同4位のザビーネ・エラーブロック(英国)6-2、6-3で下した。

男女シングルス決勝は28日に行われる。

その他の写真

  • ストレート勝ちで決勝進出を決めた上地結衣(左)は、ファンクートと健闘をたたえ合い握手(撮影・小堀泰男)