八村塁、日清食品スポンサー契約でカップ麺CM登場

NBAウィザーズの八村塁(21)が22日、日清食品ホールディングス株式会社とスポンサー契約を結び、都内で会見を行った。6月にドラフト指名を受けてから、日本では初めて公の場に登場ということもあって、マスコミ100社以上、約200人が駆けつけた。

富山時代の幼少期から同社のカップヌードルが大好きだったという八村。会見が始まり笑顔で登壇した八村は、米山宣伝部部長と握手を交わし「八村塁です。よろしくお願いします」とあいさつ。その後司会者から感想を問われると「日本といえばカップヌードル。たくさん食べてきた中で契約できたのはすごく光栄。海外に行くと、ごはんが合わないこともあるので、その時はカップヌードルを食べてしのいでいた。高校でも1人暮らしだったので、部活が終わった後にはよく食べていましたね」と話した。好きなカップヌードルは? と聞かれ「どんべい。味がしっかりしている」と同社の製品を答え、笑いを誘った。

会見では自身の顔が入ったオリジナルのカップヌードルを渡され「うれしい」と笑顔を見せた。さらに人生初のCMも披露。数日前に東京に帰ってきたあと、そのまま撮影に臨んだという。「エキストラの人もたくさんいて、楽しかった。映画の主人公みたいな感じ」。この日できあがったCMを初めてみた八村は笑顔で「すごくかっこいい」を連発した。

八村は今後、来月1日からの日本代表合宿(名古屋)に合流予定。12日から計5試合の国際試合を行いながらW杯(31日開幕、中国)に向けて調整する。

カップヌードルで有名な同社は、20年東京五輪・パラリンピックのオフィシャルパートナーであり「食とスポーツは健康を支える両輪である」という理念のもと、テニスの錦織圭や大坂なおみらと所属契約を結んでいる。

その他の写真

  • 自身の写真の入ったカップヌードルの記念品を手に記念撮影する八村(撮影・滝沢徹郎)