八村、開幕先発へW杯活躍誓う「迫力あるプレーを」

W杯の活躍でNBAの開幕先発を勝ち取る。ウィザーズの八村塁(21)が22日、日清食品ホールディングス株式会社とスポンサー契約を結び、ドラフト指名後初となる日本での会見を都内で行った。

八村は早ければ今月末からの日本代表合宿に合流予定。国際試合5試合をこなし、8月31日開幕のW杯(中国)を迎える。W杯では第3戦で強豪米国と対戦。「自分以外も渡辺選手のようにいい選手はたくさんいる。勝てるチャンスはある」と意欲を見せた。ウィザーズ関係者も注目しており、サマーリーグで評価を上げた八村が米国戦も活躍すれば、ウィザーズの開幕メンバー入りに大きく近づく。NBAでの目標を問われ「トレードでいい選手も入った。プレーオフ進出にどれだけ貢献できるか」と自覚を見せた。

1年後には夢の東京五輪も控える。「バスケットを始めたころに東京五輪が決まり、出たいと思っていた」と語った。ドラフト指名後、世界からも注目される選手になった。「メディアでも取り上げられ、声をかけられるようになった。バスケ人口も増えているし、迫力あるプレーを見せたい」。一回り大きくなって凱旋(がいせん)した八村がスター軍団にひと泡吹かせ、開幕先発をたぐり寄せる。【松熊洋介】

その他の写真

  • 日清食品ホールディングス グローバルスポンサーシップ契約記者会見を終え会場を後にする八村(撮影・滝沢徹郎)