友野一希は合計203・08点で7位、金博洋が優勝

<フィギュアスケート:ロンバルディア杯>◇15日◇イタリア・ベルガモ◇男子フリー

ショートプログラム(SP)11位の友野一希(同大)は、ジャンプの着氷が乱れてフリー6位の141・39点で、合計203・08点の7位だった。

SPで首位に立った18年平昌冬季五輪4位の金博洋(中国)が、フリーは冒頭の4回転ルッツを決めて小差の2位に付け、合計268・31点で優勝した。(共同)