アイスダンス転向の高橋大輔、今後は米国拠点に

日本スケート連盟は26日、フィギュアスケートで10年バンクーバー五輪男子銅メダルの高橋大輔(33=関大KFSC)がアイスダンスに転向することを発表した。

シングルの競技会出場はシード選手として出場権を得ている全日本選手権(12月18~22日、東京・代々木第1体育館)が最後となり、20年1月から18年平昌五輪アイスダンス15位の村元哉中(かな、26)と来季の競技会出場を目指す。

昨季、4年ぶりに現役復帰した高橋は自身の公式サイトに「男子シングルの山あり谷ありのジェットコースターみたいな僕のキャリアにお付き合いいただき、ありがとうございました。2020年からは新しいジェットコースターへ乗り継ぎますので、引き続きお楽しみいただければと思います!(笑)」などとつづった。名振付師でもある旧ソ連出身マリーナ・ズエワ氏がヘッドコーチを務め、米国を拠点にする。五輪挑戦の欲については「まだまだそこまで考える余裕はない」と冷静にコメントした。

村元は昨年8月、平昌五輪で日本勢過去最高成績を納めたクリス・リード(30)とのカップルを解消していた。同連盟を通じ「新しい挑戦ができることを大変うれしく思います」。アイスダンス関係者からも「決心してくれてうれしい」と喜びの声が上がり、種目の発展にもつながりそうだ。

その他の写真

  • 高橋大輔(左)と村元哉中