田中刑事は厳しいGP2戦「SPから勢いがあれば」

<フィギュアスケート:GP第4戦中国杯>◇9日◇中国・重慶

男子の田中刑事は冒頭の4回転サルコーを着氷するも、演技後半の4回転トーループが回転不足に。その後に予定していたトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)が1回転半になるなど、得点が伸び悩み5位。

ミスがあったSPからの悪い流れを断ち切れず「SPから勢いがあれば、もっとフリーを思い切り滑れた。本当に厳しいGP2戦になった」と振り返った。

その他の写真

  • 男子フリーで演技する田中刑事(共同)
  • 男子フリーでジャンプする田中刑事(共同)