ナダル2年ぶり5度目の年間1位 33歳歴代最年長

男子テニスのツアーを統括するATPは14日、ラファエル・ナダル(スペイン)が今季の年間世界ランキング1位となることが確定したと発表した。ナダルの年間1位は2年ぶり5度目で、33歳は歴代最年長。

ロンドンで開催中の今季最終戦、日東電工ATPファイナルのシングルスで世界ランキング3位のロジャー・フェデラー(スイス)が2位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破った結果を受けて決まった。

ナダルは今季、4大大会の全仏オープン、全米オープンを含めツアー4勝を挙げている。初の年間1位は2008年で、11年後に同タイトルを獲得するのも記録という。

年間1位には、ピート・サンプラス(米国)が6度、フェデラー、ジョコビッチらが5度なっている。(共同)