日本、デ杯1次リーグ敗退 本戦シード権逃し予選へ

<男子テニス:デビス杯>◇本戦第3日◇20日◇マドリード

1次リーグA組の日本はセルビアに0-3で敗れ、2戦2敗で敗退が決まった。エースの錦織圭(日清食品)を右肘故障で欠いた日本は来年の本戦シード権を逃し、3月の予選に回る。

シングルスで杉田祐一(三菱電機)が敗れ、世界ランキング73位の西岡良仁(ミキハウス)は同2位のノバク・ジョコビッチに1-6、2-6で完敗。ダブルスの内山靖崇(北日本物産)マクラクラン勉組はヤンコ・ティプサレビッチ、ビクトル・トロイツキ組に6-7、6-7で屈した。

今年から新方式となったデ杯は18カ国が6組に分かれて総当たりし、各組1位など8チームが決勝トーナメントに進む。

◆西岡良仁の話 ジョコビッチには全然歯が立たずに差を痛感した。どこに打っても返球され、質も高い。すごくやりにくかった。それを経験できたのは収穫。

◆杉田祐一の話 ものすごく責任を感じている。非常に悔しい。次こそは(勝利を)もぎ取るぞという思い。

◆内山靖崇の話 (フランス戦に続き)今日も競った試合で負けて悔しい。僕だけトップレベルでの経験が少ない。プレーの内容や質は負けていないが、経験の差を痛感した。

◆マクラクラン勉の話 同じ組がフランスとセルビアでタフだと思っていた。もう一度デ杯に出るチャンスがあれば、強いチームになれると思う。

◆岩渕聡・デビス杯日本代表監督の話 世界の強豪に通用する部分と、まだ少し届かない部分が分かった。(新方式の)短期決戦の方がチャンスはあり、ポジティブに捉えている。(共同)

その他の写真

  • セルビア戦を終え、観客席にあいさつする日本チーム(共同)