中国が肺炎でデ杯棄権 ルーマニアがWG1部進出

国際テニス連盟(ITF)は18日、中国が新型コロナウイルスの感染拡大の影響でデビス杯を棄権すると発表した。

3月6、7日のワールドグループ(WG)1部進出を懸けたプレーオフ(PO)で、ルーマニアと敵地で対戦する予定だった。9月のWG1部にはルーマニアが進む。

WG1部は日本が本戦出場を懸けて3月にエクアドルと対戦するデビス杯予選よりも下のカテゴリーとなる。(共同)