フィジーのトップ選手2人が自主隔離措置を怠り逮捕

ラグビーのフィジーのトップ選手2人が新型コロナウイルス感染防止に関し、海外からフィジーに帰国後に14日間の自主隔離措置を怠ったとして逮捕された。AP通信が6日、伝えた。地元メディアによると、1人はリオデジャネイロオリンピック(五輪)の7人制で金メダルを獲得したFWセミ・クナタニ。

所属クラブのある英国からシンガポール経由で帰国後に逮捕された。フィジー・ラグビー協会は「2人の行為を強く責める。受け入れられない」とした。(共同)