再開後の八村塁にGM期待「若い選手にとって好機」

米プロバスケットボールNBAで八村塁が所属するウィザーズのシェパード・ゼネラルマネジャー(GM)が29日、オンラインで取材に応じ、7月30日に再開するシーズンに向けて「若い選手にとって、もう8試合戦えるのは好機だ。塁はデトロイトで負傷後、復帰して活躍した。(中断を挟んだ今回も)同じことを期待する」と話した。

同GMによると既に欠場を表明しているベルタンスと、リハビリ中のウォール以外の全選手が、再開後のシーズンに参加する見通しだという。ウィザーズは7月6日まで本拠地のワシントンで調整し、7日に集中開催地のフロリダ州に移動。キャンプを経て、31日(日本時間8月1日)にサンズとの初戦を迎える。(共同)