池江璃花子「強くなれる」24年パリ五輪への決意

  • 都内で練習を公開した池江璃花子(代表撮影)
  • 都内で練習を公開した池江璃花子(中)。右は山本茉由佳、左は持田早智(代表撮影)

白血病から復帰を目指す競泳女子の池江璃花子(19=ルネサンス)が、日本学生選手権(10月2~4日、東京辰巳国際水泳場)でのレース復帰を目標に掲げた。2日、都内での練習をオンラインで報道陣に公開。24年パリオリンピック(五輪)を大目標にする池江は「今の目標はインカレ(日本学生選手権)と思っている」と明かした。出場すれば、入院前の昨年1月三菱養和スプリント以来1年9カ月ぶりになる。

◇   ◇   ◇

さっぱりとした表情で言った。日大在学中の池江は、復帰レースについて「今の目標はインカレ(日本学生選手権)と思っている。(コロナ禍で)インカレがあるか、わからないけど、あることを信じて」。3月に406日ぶりにプールに入って約3カ月半でレースを見据えた。6月から池江を指導する西崎コーチも「安全面を配慮して検討したい」とした。

コロナ禍で春先から大会は軒並み中止となったが、日本学生選手権は開催を前提に調整中。競泳の大会は出場資格として一定の基準タイムが必要だが、日本水連関係者は「出場資格も今までのやり方ではできない、という話になっている。今年は大会がなかったので。それも含めて検討中」。もちろんコロナ禍を見極めた上で安全第一になる。

この日の練習は同コーチのもと、同じ所属の持田早智(20)山本茉由佳(20)と3000メートル以上を泳いだ。同コーチの意見で泳ぐ機会を2度外れる場面もあり、池江は「無理しすぎちゃうタイプなので」と苦笑い。現在は週4回の水中練習、週1回の筋力強化。通院は月1度で「体調は安定していますね」と話した。

負けず嫌いは変わっていない。最初は練習メニューについていけず「ついていけなかった自分が悔しかった」。6月中旬からこなせるようになって「泳力としては自分の中学1、2年ぐらい。日本記録まではいかないけど、早く高校生ぐらいまで戻せたらいいな」。池江は15年に中3で日本代表入りを果たしている。

大目標は24年パリ五輪。コロナ禍で20年東京五輪、21年世界選手権福岡大会はともに1年延期となった。「1年伸びて期待されることもあるが、あくまでも24年。21年(東京五輪)にとらわれず24年に向けて土台をしっかりやっていければ。もしかしたら、もう元に戻れないかもしれない気持ちもあるが、病気の人たちにここまで強くなれると知ってもらいたい。中途半端に水泳を終わらせたくないという気持ちもあった」。体調を優先しながら着実に歩んでいく。【益田一弘】

○…池江にとって、日本学生選手権は記憶に残る大会だ。昨年9月の前回大会は一時退院して3日連続で応援した。男子100メートルバタフライは日大同級生の石川が51秒11で優勝。インタビューで「璃花子の帰りを待っている」と言われ、池江は涙した。「記録にびっくりしたのと本当に自分のことを待っている仲間がいるんだ、このまま負けてられないと思った」。その大会が、当面の目標となった。