メルセデスAMGのボッタス優勝/オーストリアGP

  • オーストリアGPを制しシャンパンファイトをするメルセデスAMGのボッタス(右)(AP)

<F1:オーストリアGP>◇4日◇オーストリア

7月5日、2020年の開幕戦オーストリアGP決勝が行なわれメルセデスAMGのバルテリ・ボッタスが優勝した。

序盤の11周目にレッドブルのマックス・フェルスタッペンがトラブルでリタイアしたのを始め、3度のセーフティカーが入り9台がリタイアするサバイバルレースに。メルセデスAMG勢もギアボックスのトラブルを抱えてペースを抑えながらの走行を強いられたが、ボッタスは最後まで首位を守り抜いた。

「レースを通してプレッシャーがすごかったよ。1度なら良いけど、何度もセーフティカーが出動してルイスにチャンスが何度もいったからね。今日の彼はとても速かったし、いろんなことをコントロールしなければならなかった。センサートラブルがあってクルマを労るために縁石を使わないように走らなければならなかった。優勝することが出来て最高の気分だよ」(ボッタス)

ルイス・ハミルトンは予選の黄旗無視で3グリッド降格ペナルティを科され5番グリッドからのスタートとなったもののすぐに2位へ挽回しボッタスにプレッシャーを掛けていった。しかし終盤のセーフティカー導入時にソフトタイヤに履き替えて仕掛けて来たアレクサンダー・アルボンと接触し5秒加算ペナルティを科され、2番手でフィニッシュしたものの最終結果は4位に降格。2位にはフェラーリのシャルル・ルクレール、そして3位にはマクラーレンのランド・ノリスが入り、F1昇格2年目にしてキャリア初表彰台を獲得した。

開幕戦は9台がリタイアする大荒れのサバイバルレースとなった(うち2台は完走扱い)。アルボンは接触の後にトラブルでマシンを止めてリタイア(13位完走扱い)、アルファタウリのダニール・クビアトは最終盤にタイヤがバーストしてストップし12位完走扱いとなり、ホンダ勢はピエール・ガスリーの7位のみという結果になった。(米家峰起通信員)