バレー古川商の名将「断腸の思い」統合能代工に感謝

  • シュートする能代工高時代の田臥勇太

全国制覇58回の高校バスケットボール界の名門、能代工(秋田県能代市)の名前が消えることが7日、正式に決まった。この日、開かれた秋田県議会で、校名変更の条例案が全会一致で可決・成立した。能代工は来春、能代西と統合され、「能代科学技術高校」になる。

   ◇   ◇   ◇

▽高校女子バレーボールで古川商(現古川学園=宮城)を10度日本一に導いた国分秀男氏(76)

「能代工は地理的条件や環境に恵まれない田舎で頑張っている全国の高校生やチームの目標であり、希望でした。私もその1人でした。何とかその名を残してもらいたいと思っていましたが、時代の流れで、やむなしなのかもしれません。加藤広志さんと親交のあった1人として断腸の思いです。夢と希望を与えてくれ、ありがとうの気持ちでいっぱいです」。