日本水連が日大中大対抗戦を中止、池江ら自宅待機

日本水連は11日、日大中大対抗戦(27日、東京辰巳国際水泳場)の中止を発表した。

同大会は今年で第65回を数える伝統的な対抗戦で、コロナ禍が本格化した今春以降で、日本水連主催で最初に開催される試合の予定だった。ただ1日に日大水泳部で新型コロナウイルス感染者が出て、池江も自宅待機になるなど、同部は活動を自粛。両校が話し合った上で中止となった。