川畑和愛が試合形式2日目滑り切る「本当に感謝」

  • フィギュアスケート 「ドリーム・オン・アイス」 フリーを披露する川畑和愛(代表撮影)

<フィギュアスケート:ドリーム・オン・アイス>◇13日◇フリー◇KOSE新横浜スケートセンター

女子シングル2番滑走の川畑和愛(18=早大1年)が「夢二のテーマ・Sikuriadas」を披露した。

昨季から継続しているプログラムに乗り、冒頭の3回転ルッツ-3回転トーループに成功。3回転ループやダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、3回転ループなどを決めた。最後は3回転サルコーで転倒したものの、試合形式の2日目を最後まで滑り切った。

前後半で曲調がガラッと変わる構成に「前半は落ち着いて曲にしっかり乗りながら滑れたと思います。後半は少しジャンプが乱れてしまったんですけど、最後のコレオは力いっぱい滑れたと思います」と振り返った。

無観客ながら、フルリンクで6分間練習があるなど本番さながらの条件に「このような形で試合形式で滑ることができて、本当に感謝しています。今回、ドリーム・オン・アイスで滑った経験を生かして、今後は久しぶりの試合になってくるので、緊張感だったり、そういうことに負けずに、出せることを1つ1つ、目標を達成できるようにしたいです」と意気込んだ。