石川祐希がMVP 11得点で今季初戦勝利に貢献

<バレーボール・イタリア杯予選:ミラノ3-0ベローナ>◇13日

今季、イタリア1部リーグのミラノに移籍した男子日本代表の石川祐希(24)が、イタリア杯予選ベローナ戦で公式戦デビューを飾った。チームは3-0(25-21、25-17、25-17)のストレート勝ちを収めた。攻守共に活躍を見せた石川は、この試合のMVPに選ばれた。27日開幕のリーグ戦に向け弾みをつけた。

約7カ月ぶりの公式戦だったが、石川に気負いはなかった。攻撃ではチーム2位の11得点を上げ、ストレート勝ちに貢献。サービスエース1本を取れたことを喜び「自分がしっかりとサーブを打つことがチームが勝つ要因になると思っている」とさらなる技術面の向上を目指す。「合流してから、しっかりと準備をしてきたかいがあった」と自身も納得のいくスタートを切った。

次戦は20日に行われるイタリア杯予選第2戦ヴィーボ・ヴァレンティア戦。石川は「もっともっとこれから成長できるように、成長した姿が見せられる試合をしたいと思います」と目の前の1戦1戦に集中している。