姫路にモルドバ出身選手が加入 韓国リーグMVP

バレーボール女子Vリーグ1部(V1)の姫路は19日、オポジットでモルドバ出身のアリョーナ・マルティニューク(29)の加入を発表した。新型コロナウイルスの影響で入国が遅れたが、検査、外部との接触禁止期間を経て、すでにチームに合流している。

身長186センチのマルティニュークはルーマニア、トルコ、ポーランド、韓国、ロシアで活躍し、18-19年シーズンには韓国リーグでMVPを獲得した。

チームを通じて「ヴィクトリーナ姫路の一員になれたことをうれしく思います。良いパフォーマンスをお見せできるように頑張りますので、ぜひ応援に来てください」と呼びかけた。