感染していたマリーが全豪欠場 隔離措置合意できず

男子テニスの元世界ランキング1位で、新型コロナウイルスに感染していたアンディ・マリー(英国)が4大大会の全豪オープンを欠場することを明らかにした。

22日に英BBC放送(電子版)が伝えた。2月8日開幕予定の大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場する予定だった。

33歳のA・マリーは無症状で既に自主隔離を終えたが、英国からオーストラリアへ渡航後の隔離措置を巡って大会主催者と合意できずに出場を断念した。全豪に出る選手は全員が到着後2週間の隔離を義務付けられ、選手から困惑の声が出ている。(共同)