Bリーグ、ベンチ待機選手にマスク着用義務

バスケットボール男子のBリーグは26日に理事会を開き、新型コロナウイルス対策として、試合中にベンチで待機している選手、監督、スタッフにマスク着用を義務づけることを決めた。27日の試合から適用する。

試合開始時、後半開始時にベンチスタートの選手らが対象。途中出場してから交代でベンチに戻った際は、コンディション維持のため着用の義務はないが、後半開始時にベンチに座る選手には再び適用される。Bリーグ関係者は「一度コートに出た選手は汗もかいているし、息も上がっている。速やかにマスクを着けることがコンディション的にいいかどうかは、専門家と協議した」と説明した。(共同)