南アフリカのブリッツ引退、ラグビーW杯世界一貢献

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で南アフリカの優勝に貢献した38歳のFWスカルク・ブリッツが13日、現役引退を表明した。ブリッツは昨年5月に一度引退し、その後復帰した。キャップ数は15。(共同)