天理大が最終節残し無傷4連覇、初の日本一へ通過点

<関西大学ラグビー:天理大55-6同大>◇第6節◇17日◇滋賀・皇子山陸上競技場

前年度全国大学選手権準優勝の天理大が、同校史上初の4連覇を決めた。4勝2敗の京産大と戦う最終節(30日、京都・西京極)を残すが、6戦全勝で11度目の頂点に立った。

王者には余裕があった。序盤から同大のしつこい防御に苦しみ、前半13分に左サイドを細かくつないで奪ったWTB江本洸志(2年=日本航空石川)のトライなど19得点。19-3と絶対的なリードを確保できなかった。それでも後半12分、モールから抜け出したフランカー岡山仙治主将(4年=石見智翠館)がトライ。変幻自在の攻撃でたたみかけ、相手をPG2本の0トライに封じた。

1月12日、東京・秩父宮ラグビー場で行われた全国大学選手権決勝では、明大に17-22で敗れた。下級生から試合に出場してきた岡山は「最後にいい思いをしてほしかった」と1学年上の先輩たちを見つめた。初めての日本一へ、関西制覇は通過点に過ぎない。

このニュースの写真

  • 同大対天理大 後半、モールから天理大フランカー岡山(右手前)が持ち出し左中間へトライを決める(撮影・黒河謙一)