「何クソ」が出ない若手 力を引き出すために気づいたこと/巨人阿部慎之助コーチの指導論

ストーリーズ

為田聡史

阿部慎之助は今、何を考えているのか。将来ある青年たちと向き合った、2軍監督の2年間で得た信条は。現役時代から取材を続ける為田聡史記者が、ロングインタビューを送ります。


巨人阿部慎之助1軍作戦兼ディフェンスチーフコーチ(42)が日刊スポーツの単独インタビューに応じた。19年の現役引退後し、昨季までの2年間は2軍監督として、将来ある若手選手と向き合った。培った指導論には一般社会にも通ずるノウハウが点在していた。

2022年2月16日、ノッカーを務める阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチ

2022年2月16日、ノッカーを務める阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチ

――厳しく指導した1年目の経験を踏まえ、2年目は「観察」に徹した。口を出さない〝見守り型〟の指導とは

ミスを指摘しませんでしたね。いいプレーをしたときは少々、大げさなぐらいに称賛するように心がけた。今まではホームラン、得点が入って、ベンチに帰ってきた選手はグータッチで出迎えましたが、昨季はバントとか自己犠牲のプレーをした選手も、必ずグータッチで出迎えました。

――選手たちの変化は

このスタイルの方が、選手たちの本当の姿が見えるなと思いましたね。持っている能力以上はなかなか出ないんだけど、今の持っている能力が「10」だとしたら、厳しい言葉で指導すると「6」しか出ない。こちらが言わないことで「7」「8」ぐらいまで出せればいいなと。現実はそうでしたね。

2022年2月17日、阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチ(左)は秋広とグータッチを交わす

2022年2月17日、阿部作戦兼ディフェンスチーフコーチ(左)は秋広とグータッチを交わす

――「真面目」「本気」「真剣」。選手が成長していく過程には心境、取り組みへの変化がある。どう導いていくのか。

真剣に話をして、本気にさせることだと思いますね。どの選手も真面目。そこから、どう本気に、真剣にさせるか。

――「本気」とは

簡単な言葉のようで、すごく難しい。「本気になれ」「本気でやれ」とよく言うけど難しい。

――「真剣」とは

質問の答えとは違うかもしれませんが、昨年は「真剣に見た」という1年でしたね。覚えている限り、強い口調で選手たちに指導したのは1、2回だけだった。それは1年目、あれだけ厳しく指導したら、選手たちは萎縮してしまうというのに気づいた。

「何クソ」というものを期待したんですが、萎縮させてしまったら、落ちて、落ちて、引いていく。指導者側がフォローして救ってあげないと、はい上がってこない。若い世代の選手たちの特性を学びました。

2021年10月21日、亀井の引退会見の最後にサプライズで登場した原監督(左)、阿部作戦コーチ

2021年10月21日、亀井の引退会見の最後にサプライズで登場した原監督(左)、阿部作戦コーチ

――19年に現役を引退し、指導者1年目は選手たちに厳しく接した理由は

自分も若いころに厳しく指導されたからとかではない。阿部慎之助ぐらいに言われて萎縮していたら、活躍できないよというメッセージでもあった。選手たちに伝えたのは「東京ドームが満員になれば、4万人を超えるファンの8万個の目で見られている中でプレーする。

チャンスで凡退したとき、スタンドの3万5000人のジャイアンツファンのため息が、『あぁ~』って聞こえてくる。それに耐えなければいけない」と。そういう状況に耐えて、跳ね返して、次こそはと思えるようなるために、厳しく、強く、言っていました。

――厳しい指導は不要なのか

選手たちに厳しく指摘した内容は、うまい、下手ではない。当たり前のことができなかった。同じことを何度も言われていた。だから、みんなの前で厳しく指摘した。みんなの前で言ったのは、「みんなも同じだぞ」と。同じミスをしていたら、プロじゃない。

自分自身もミスはたくさんした。切り替えることは当然だけど、絶対に忘れてはいけない。キャッチャーフライを落としたときの写真をロッカーに貼って「絶対に忘れるな」という自分への戒めとしてやっていた。選手たちが自分自身に対して、厳しさを持てれば厳しさは必要ないのかもしれませんね。

2021年10月5日、ヤクルト戦前の円陣で注目を集める巨人阿部作戦コーチ(中央)

2021年10月5日、ヤクルト戦前の円陣で注目を集める巨人阿部作戦コーチ(中央)

――昨季終盤の10月5日から作戦コーチとして1軍に合流した。敗戦が続き、チーム全体が不振に陥った。コーチとして役割は

自分が前に行って盛り上げようとは思わなかった。なぜかと言うと、そんな子どもっぽい集団じゃないと。誤解を恐れずに言えば、静観していましたね。試合中はベンチで原監督の後ろにいたんですが、すごく広い視野で見ることができた。ベンチ内が「し~ん…」としていて、落ちるところまで落ちてしまっているような雰囲気だった。1軍、2軍は違えど、同じ世代の選手という意味では、共通点はあるのかなとは思いましたね。

――勝利至上主義の1軍でチーム状態が停滞しているときの打開策は

よく「楽しめ」「楽しもう」と言いますよね。それは何かを追求した。味方のミスは、何も言わずにみんなでカバーする。「しっかりしろ」と言いたくても我慢する。1つのアウトをとるのは難しい。だから、1つのアウト、1つの自己犠牲、1つのヒットを称賛して、勝ったときはみんなでもっと喜ぶ。その空気感を作ることだと思います。それができれば、もっとチームは強くなるし、絶対に楽しくなる。

2021年9月16日、イースタンリーグ楽天戦で打席に入る直前の中田(左)に声をかける阿部2軍監督

2021年9月16日、イースタンリーグ楽天戦で打席に入る直前の中田(左)に声をかける阿部2軍監督

――真面目、本気、真剣。チームが成長していく過程は

真面目にやっているだけだと、しらけてしまうような雰囲気になってしまうかもしれない。本気でやれれば「よし、行くぞ」「よし、やるぞ」と盛り上がる。真剣になれば、勝ちという結果に結びつく可能性が高まるかもなと思います。

――真面目から本気、真剣を意識させるためには

2軍から1軍に上がってきたときに「チームに貢献できるように頑張ります」という、あいさつはNGワードにしようと思っています。大事なのは、チームに貢献するために何をしなければいけないのか。それを、おのおのが分かっていなければいけない。試合に出たときに何をしなければいけないのか、それだけを考えればいい。

2021年10月5日、ヤクルト戦の試合前練習でノックを打つ巨人阿部1軍作戦コーチ

2021年10月5日、ヤクルト戦の試合前練習でノックを打つ巨人阿部1軍作戦コーチ

――選手の思考に具体性を持たせることが大事なのか

まさにそうだと思います。「チャンスで回ってきたら絶対に打ちます」「代走で出たら走ります」「守備ならあと1歩のところは絶対に捕ります」「とにかくベンチで声を出して盛り上げます」。何でもいい、役割をしっかりと認識して、その役割を実行することが自分のためにもなるし、「チームへの貢献」につながる。社交辞令になってはいけないと思います。

――指導者として最終的な目的は

選手たちは野球界で言えば後輩ですよね。「人間力」を高めるというのが、指導の根源にあるのかなと思います。人生は野球がすべてではない。でも、まずはプロ野球選手として、生きていく力をつけてほしい。大人として、というと難しいんですが、社会人、成人男性としてという部分ですね。

――「プロ=仕事」として野球をすることは

何のために仕事をするのか。自分が生き抜くためであり、家族を生き抜かせるために働いている。自分が2軍監督をやらせていただいた2年間で、選手は20人以上が戦力外になって、50人以上が入れ替わっている。残念ながらプロとして野球を続けられなくなったときに、どう生き抜くか。プロ選手でいる間に身につけておくことが大事だと思って、選手を指導しています。

21年10月、ヤクルト戦の試合前、2軍から合流した阿部1軍作戦コーチ(左)は原監督と談笑

21年10月、ヤクルト戦の試合前、2軍から合流した阿部1軍作戦コーチ(左)は原監督と談笑

――最後に

優勝もしたいし、日本一にもなりたい。それは選手も指導者も同じだと思います。一方で、プロ野球選手というのはいつかは辞めなければいけない。若くして戦力外になることもある。その先に人生で「阿部がこんなこと言っていたな」と一瞬でもいいので、そう思ってもらえたら指導者冥利(みょうり)に尽きると思います。

◆阿部慎之助(あべ・しんのすけ)1979年(昭54)3月20日、千葉県浦安市生まれ。安田学園―中大を経て、00年ドラフト1位で巨人入団。01年に新人捕手で開幕戦に先発出場し、初打席初安打初打点。

04年4月、当時の日本記録に並ぶ月間16本塁打。09年日本シリーズMVP。12年は首位打者、打点王、最高出塁率に輝き、リーグMVP、正力賞。17年に通算2000安打、19年6月には通算400本塁打を達成し、同年限りで引退。ベストナイン9度、ゴールデングラブ賞4度。

昨季まで巨人2軍監督。今季は1軍の作戦兼ディフェンスチーフコーチを務める。180センチ、97キロ。右投げ左打ち。