「つまらないヤツ」とボヤかれても…ヤンキース・ジャッジを愛すべき理由

メジャー取材歴の長い水次祥子記者のコラム「MLB 書かなかった取材ノート」から、傑作選を。2015年から連載中です。

(2017年6月18日掲載。所属、年齢などは当時)

ウイラブベースボール

水次祥子


今年のオールスターファン投票が行われている真っ最中だが、ア・リーグの中間発表ではヤンキースの新人アーロン・ジャッジ外野手(25)が全体トップの票を集め話題を呼んでいる。現在のヤンキースは若い強打者がそろい「ベイビー・ボンバース」と呼ばれているが、中でもジャッジは両リーグ最多の本塁打をマークし、その飛距離や打球速度も他を圧倒。瞬く間に若き新星の誕生となった。

2018年10月9日、レッドソックス戦のヤンキース・ジャッジ

2018年10月9日、レッドソックス戦のヤンキース・ジャッジ

注目度は日に日に増すばかりだが、ジャッジ自身は非常に謙虚な人柄だ。5月のある試合で、ジャッジを含む複数の選手が大事な場面で打ち勝利したことがあったのだが、試合後に報道陣が話を聞こうと囲んだとき、ジャッジは「僕のことはいいですから、他の選手に話を聞いてください」というのだ。その場にいたある記者は後日「僕らは彼に話が聞きたいから囲んだのに。つまらないヤツ」と陰でぼやいていたが、記者泣かせなほど奥ゆかしい性格だということだ。

そんな人柄は、ジャッジの生い立ちが影響しているのかもしれない。92年4月に生まれたジャッジは、誕生の翌日に養子縁組され、育ての両親に引き取られたという。もちろん幼いころは何も知らずに育ったそうだが、10歳か11歳のとき、自分が両親のどちらにも似てないことに不安を抱き、あるとき思い切って両親に尋ね、初めて自分が養子であることを知らされた。「僕はどこで生まれたの」「生みの親はどんな人たちか知っているの」。あらゆる疑問を両親にぶつけると、そのすべてに真摯(しんし)に答えてくれたという。その後も変わらぬ愛情を注いでくれた両親に対し、人一倍感謝の気持ちを持っている。

2018年10月3日、アスレチックス戦の1回に左越えに先制の2点本塁打を放つヤンキース・ジャッジ

2018年10月3日、アスレチックス戦の1回に左越えに先制の2点本塁打を放つヤンキース・ジャッジ

打撃力に関しては、この1年ほどで大きく成長した感がある。15年に3Aで打率2割2分4厘だったが、昨季は3Aで打率2割7分まで上昇。昨年8月中旬にメジャー初昇格後は27試合で打率1割7分9厘と苦しんだのだが、今季は、3冠も狙えるほどの活躍ぶりだ。ヤンキースのマイナーといえば、松井秀喜氏がGM特別アドバイザーとして巡回して若手の指導を行っており、ジャッジも教え子の1人だ。昨年春には、松井氏がジャッジを熱血指導しているが言葉が通じないというコメディー風の球団CMが公開され、ファンの間で話題になっていた。今年自分の打撃で変わったことは「すべてにおいて急かないようにした」そうだ。

ちなみに新人でファン投票によるオールスター出場(スタメン)は03年の松井秀喜氏以来、球団では4人目。新人でリーグ最多得票を達成すれば、01年のイチロー外野手(当時マリナーズ)以来の快挙となる。

◆水次祥子(みずつぎ・しょうこ)ニューヨーク大学でジャーナリズムを学び、現在もニューヨークを拠点に取材。03年4月8日、ヤンキースタジアムでの松井秀喜ホームデビュー戦満塁弾など、球史に残る場面に多数遭遇。ネットワークを駆使した積み上げ取材の正確さ、日米の比較文化論に定評がある。著書に『野茂英雄から20年「メジャー記者の取材ノート」心に残る選手たちの言葉。』(電子書籍・ゴマブックス)など。