打って捕って楽しんで…ゲームではなく明治5年の青空ノックを採用/祝! 野球伝来150年①

この素晴らしき球技が伝来して、今年で150年…でも、何をもって「伝来」とするんだろう? タイムマシンに乗り込んで、野球のルーツを探る長期の不定期連載(!)です。

ストーリーズ

古川真弥


日本に野球が伝来した年を巡る〝ミステリー〟を知っていますか?

1872年(明5)、お雇いアメリカ人教師ホーレス・ウィルソンにより野球が伝えられた。

第一大学区第一番中学(のちの東京帝国大学、今の東大)の学生たちに教えたのが始まりとされる。

今年は伝来150年。プロ、アマ挙げた記念事業が展開されている。

東京ドームにある野球殿堂博物館は、6月8日まで「野球伝来150年記念展」の第2期展示を開催。1959年(昭34)の天覧試合でサヨナラ本塁打を放った、巨人長嶋のバットなどを見ることができる。

伝来100年の時にも「日本野球100年展」が開かれた。当然、50年前の1972年(昭47)のことだと思われるだろうが、違う。「100年展」は、1年あとの73年9月15日に始まった。

つまり、49年前。この1年のズレは、何を意味するのだろう?

当時は、日本に野球が伝わったのは1873年(明6)と考えられていたのだろうか? そうだとすれば、なぜ、この50年で伝来の年が1年、早まったのか?

謎を解くべく、野球殿堂博物館へ向かった。

■1年ズレてる

事業部次長で、主任学芸員の関口貴広さんが教えてくれた。

関口さん 100年展は「わが国で初めて野球が行われてから100年」ではなく「初めて試合形式による野球が行われてから100年」を記念したものだったんです。

違いを理解するには、ウィルソンが野球を教えた場所を考えると分かりやすい。まずは1872年、第一番中学の学生たちにノックなどを始めたのが最初だった。翌73年、第一番中学が開成学校と改称されてから、試合を行うようになった。

1年をかけて、野球の基礎をたたき込んだともとれるが、もっと単純な理由があった。運動スペースの問題だ。

関口さん 水道橋から白山通りを進んで右側(西側)に如水会館、左側(東側)に学士会館があります。もともと、第一番中学は如水会館側にあったそうです。ただ、そこにはちゃんとしたグラウンドがなかった。学士会館側に移り、明治6年に開成学校になったタイミングで、しっかりした運動場が整備され、初めて試合形式の野球が行われたという流れのようです。

物理的にも、72年の段階で試合は不可能だった。ノックやキャッチボールが、せいぜいだったというわけだ。

これを裏付ける証拠として、明治時代の新聞を紹介したい。

1896年(明29)7月22日の日本新聞に「野球の来歴」と題した文章が載った。「好球生」なるペンネームの人物による投書。現代仮名遣いに改めて一部を抜粋する。

■「ウィルソンと云える米国人あり」

「…(前略)そもそもベースボールのはじまりは明治五年の頃なりし。今の高等商業学校の処に南校という学校あり。」

「明治五年頃は第一大学区第一番中学と名付けて唯一の洋学校なりしが、英語、歴史などを教うるウィルソンと云える米国人あり。」

「此人常に球戯を好み、体操場に出てはバットを持ちて球を打ち、余輩に之を取らせて無上の楽しみとせしが、ようやくこの仲間に入る学生も増加し、明治六年第一番中学の開成学校と改称し、今の錦町三丁目に広壮の校舎建築成り、開校式には行幸などもあり、運動場も天覧ありし位にて広々と出来たりし事故、以前に変りて体操の方法も拡張し来り…(中略)…此頃よりいつとなく余輩の球戯も上達し打球は中空をかすめて運動場の辺隅より構外へ出るほどの勢を示せしが、ついには本式にベースを置き組を分ちてベースボールの技を始むるに至れり…(後略)」

明治5年の段階では、ウィルソンが「体操場に出てはバットを持ちて球を打ち、余輩に之を取らせて無上の楽しみとせし」とある。学生たちにノックをしていたと読めるが、この体操場は試合をするだけの広さはなかったのだろう。

それが明治6年になって、校名が第一番中学から開成学校に改称されてからは、運動場が「広々と出来」、学生たちの技術も向上した。打球が運動場から外に飛び出すまでになり「ついには本式にベースを置き組を分ちてベースボールの技を始むるに至れり」。つまり、試合を行うようになった、と読める。

野球殿堂博物館に飾られているホーレス・ウィルソンのレリーフ

野球殿堂博物館に飾られているホーレス・ウィルソンのレリーフ

大正時代になって大阪朝日新聞が出した「朝日野球年鑑」にも、明治6年の頃、開成学校でウィルソンが野球を教え「恐らく我国の空中に野球のボールが飛ばされたイの一番であろう」とある。野球殿堂博物館は、これらの記述を元に明治6年から起算して100年展を準備したようだ。

それでも謎は残る。

100年展を開いた49年前の時点でも、もちろん野球殿堂博物館は日本新聞に載った投書は把握していた。明治5年で既にノックが行われていたことは分かっていた。

では、なぜ野球伝来の起源を「明治6年の試合形式」から「明治5年のノック」に変えたのか?

関口さんは「試合をやったことを重く取るのか、それともキャッチボールやノックといった野球の要素的なもので起源と取るのか、だと思います」と説明した上で、あることで決定的になったのでは、と続けた。

■転機は2003年

ホーレス・ウィルソンの野球殿堂入りだ。

関口さん もともと当館が1988年に東京ドームに移転するタイミングで、それまでの調査から、常設展示を「明治5年の伝来」に変更してはいました。2002年、2003年の2年間限定で野球殿堂に「新世紀特別表彰」というカテゴリーができ、ウィルソンを殿堂入りの候補に挙げるタイミングで、明治5年の方に大きくかじを切ることになったのだと思います。

02年の正岡子規、フランク・オドールに続き、ウィルソンは03年、鈴鹿栄とともに殿堂入りした。

明治5年であれ、6年であれ、ウィルソンが日本に野球を伝えた人物であることは、現在までの研究では異論がない。栄えある殿堂入りに際し、5年を伝来の年とする評価が固まった。

要は「野球伝来」とは何なのか? ということになる。

実は、野球そのものは明治5年どころか、遅くとも既に4年の時点で日本に上陸していたことが分かっている。横浜で発行されていた英字新聞に、アメリカの軍艦の乗組員と横浜在住の外国人が横浜公園で試合をしたと書かれている。

しかし、博物館では、これを「野球伝来」とは捉えていない。

関口さん 明治4年の試合から、日本人というか、日本で暮らす人たちに野球が伝わったかというと、そうでもないからです。そう考えると、やはりウィルソンがまいた種が日本に野球が根付くきっかけになっている。そういう意味でも、明治6年の試合形式うんぬんより、明治5年にウィルソンが野球を教えたことを伝来と考える方が、しっくりきます。

第一番中学、開成学校を始まりに、野球は各地の学校を通じて全国へと広まっていった。ちなみに、明治4年に日本の旅芸人の一座が渡米し、翌年、現地で野球をプレーしたという記録がある。

ただ、これも日本に野球が伝来したとは言えない。日本で暮らす人々に野球が広まるきっかけは、あくまで明治5年のノックなのだ。

■ちょんまげ侍を夢中に

それにしても、明治5年である。江戸時代が終わって間もない。まだ廃刀令も出されていない。ちょんまげ姿の侍が残っていた時代。そこでまかれた種は、おそらくウィルソンの想像を超えるスピードで日本人の心を引きつけ、日本中に根を張った。

だが、それだけではないと、関口さん。「博物館の先輩が言っていた話で、なるほどと思ったのですが」。伝来当時の野球は今の野球とは随分、違っていたことは見逃せない。

関口さん まだ19世紀の野球で、ルールが未整備。プレー自体も比較的ゆったりで余暇に楽しむものでした。それが、どんどん競技性が高まっていった。最初はグラブがなくてもプレーできたものが、手が痛くなるからグラブを使うようになったり。激しく競技性が高まっていく流れがありました。つまり、そこまで激しくない段階で日本に入ってきたので、スポーツを知らない当時の元侍たちもプレーできるぐらいのレベルだったんじゃないかと。そういうところも、野球が根付く理由になっているんじゃないかというわけです。

伝来当時の野球は、打者が投手に高めか低めか、コースを指定できた。投手は下手投げで、邪飛はワンバウンドで捕球すればアウト。はかま姿でも十分、楽しめた。

もし、最初から時速160キロで投げ、それを120メートル先にかっ飛ばす野球が入ってきていたら…。侍たちは、自らプレーしようとは思わなかったかも知れない。

関口さん 前提として、野球自体も今と全然違うものであるという点を理解していないと分かりづらい。まだ野球がのどかな時代に入ってきたからこそ、明治初期のスポーツが根付く前の状況でも受け入れられる要素になっているというのはあると思います。

技術の発展、ルール変更、プレー環境の整備…野球を取り巻くあれこれは、今なお変わり続けている。果たして50年後、伝来200年の野球は、どのようなものになっているだろう。

少なくとも、ウィルソンが学生たちと楽しんだというスポーツの原点は、変わらないでいてほしい。