【帝京・前田三夫の人生②】通い詰めた日比谷公園…酒に頼らず 敗北と向き合って積み上げた甲子園51勝

就任50年目の21年夏に勇退した帝京(東京)・前田三夫監督(72=現名誉監督)が、監督として過ごした半世紀を振り返りました。22歳の就任初日「甲子園に行こう」と呼び掛けたら、約40人いた部員が2週間ほどで4人まで減ったのは語り草。逆風のスタートから甲子園に26回の出場を重ね、歴代5位タイの51勝を積み上げ、3度の日本一に輝きました。今だから明かす秘話、勝負哲学、思い出に残るチームや選手たち、高校野球界へのメッセージ…9回連載です。

高校野球

古川真弥

前田監督は、甲子園通算74試合で51勝23敗を残した。歴代5位タイの勝利数を誇るが、一番印象に残る試合を聞かれると「最初かな。何もできなかった」と即答した。就任7年目、28歳にして初めて出場した78年センバツは、1回戦で小倉(福岡)に0―3。わずか5安打で、2時間もたずに敗れた。

初出場78年センバツ 小倉に完敗で悟り

「感激で終わっちゃいましたね。監督で行ったのに、甲子園球児でしたよ」と懐かしんだ。

初めての甲子園が完敗で終わったことが、その後の監督人生の指針となった。「やっぱり、甲子園は1回でも生徒に勝たせてあげなきゃダメだ。出るだけのところじゃない」と心に刻んだ。

監督生活50年。地方大会を含め、どれだけ負けたことか。ただ、負けこそ貴重だと考える。「絶対にね、負けは大事にしなきゃダメですよ」と前置きして、続けた。

最後の指揮。夏準決勝の二松学舎大付戦=2021年8月1日

最後の指揮。夏準決勝の二松学舎大付戦=2021年8月1日

「僕が今まで後悔しなかったのは、胸張って言えるのは、負けた直後に『今日は飲んで忘れちゃおう』というのが1回もなかったことです」

やけ酒はしなかった。「若いときはお金もなかった」こともあるが、大会で敗れた日は、とことん負けに向き合った。「若いときは、家に帰っても寂しい。新宿をうろうろしましたよ。明るいところをね」。繁華街をさまよいながら、試合を振り返った。

日比谷公園にも、よく行った。ベンチに座って「なんで負けたんだ? 何が悪かったんだ?」と自問自答した。

答えはない…逃げない

40歳を過ぎてから1度だけ、負けた日に居酒屋に入ったことがある。「日比谷公園で考えがつかなかったのでしょう。多少、歳を重ねてましたから、生ビールを1杯」。決して飲むためではなく、落ち着いて考えるためだ。

どれぐらい黙り込んでいたのだろう。突然、店員の女性にポンと肩をたたかれた。「大丈夫?」。よほど思い詰めた顔をしていたようだ。今では、笑い話になっている。

日比谷公園通いは最近まで続けた。「その負けは財産だからね。苦しいけど、負けから逃げない。そうすれば、強くなりますよ。負けから逃げなかったのが良かった。だから、50年できた」。

日比谷公園。物憂げな前田監督とすれ違った方も多いはず…

日比谷公園。物憂げな前田監督とすれ違った方も多いはず…

負けを直視したところで、なぜ負けたかの答えは「多分、見つからない」。それでも、考えるうちにアイデアが次々と浮かんだ。ああやってもダメだったから、明日からはこうやろう。考えを巡らすことで「心の切り替えができる。明日もグラウンドに立ちたいから、引きずるわけにはいきません」。酒は必要なかった。

3度の日本一のかたわら、負けを直視し続けた50年でもあった。そんな前田監督にとって最後となった優勝について聞いた。(つづく)