【帝京・前田三夫の人生⑦】すべての野球好きを揺さぶった「THE GAME」 06年夏準々決勝・智弁和歌山戦 

就任50年目の2021年夏に勇退した帝京(東京)・前田三夫監督(72=現名誉監督)が、監督として過ごした半世紀を振り返りました。22歳の就任初日「甲子園に行こう」と呼び掛けたら、約40人いた部員が2週間ほどで4人まで減ったのは語り草。逆風のスタートから甲子園に26回の出場を重ね、歴代5位タイの51勝を積み上げ、3度の日本一に輝きました。今だから明かす秘話、勝負哲学、思い出に残るチームや選手たち、高校野球界へのメッセージ…9回連載です。

高校野球

古川真弥

「自主性」に任せた結果、甲子園には出たものの、負けても悔しがるそぶりを見せない選手たち。98年夏の出来事を、前田名誉監督は「野球が、ちょっと分からなくなった」と振り返る。そこで、大会後にアメリカへ渡った。「野球って、アメリカから出た。何かあるんじゃないかと」。野球の母国で原点を探す旅に出た。

ワールドシリーズから学ぶ

パドレスとヤンキースのワールドシリーズ真っただ中だった。ヤ軍2連勝で迎えたサンディエゴでの第3戦から観た。結果、ヤ軍が4連勝で世界一となったが、敗れたパ軍ファンの姿に心をつかまれた。

「サンディエゴは負けてますけど、お客さんが、みんなスタンディング・オベーション。それを見て、これだなと。いろんな人に好かれなきゃダメ。勝つだけじゃダメなんだ。みんなをひきつけないといけない」

帰国後、選手たちを集め「変なヤジは飛ばすな」と伝えた。相手捕手がマスクを外したら「拾って、縦じまでふいて渡してやれ」とも言った。ただ勝つだけじゃない。進む道が見えた。

帝京・岡野裕也はサヨナラとなる押し出し四球を与える=2006年8月17日

帝京・岡野裕也はサヨナラとなる押し出し四球を与える=2006年8月17日

その8年後。06年夏の甲子園、準々決勝で智弁和歌山と死闘を演じた。4点を追う9回表に8点を奪い逆転しながら、投手を使い果たし、その裏に5失点。

スタンディング・オベーション

12-13のサヨナラで敗れた試合後、スタンディング・オベーションを受けた。「サンディエゴの光景を思い出しましたよ。うれしかったです」。

スパルタ→自主性→ひきつける野球。ファンの記憶に刻まれた一戦は、時代の変化を受けながらも前田監督が苦心の末につかんだ成果とも言えた。

智弁和歌山に負けた帝京にスタンディング・オベーション=2006年8月17日

智弁和歌山に負けた帝京にスタンディング・オベーション=2006年8月17日

では、前田監督が考える本当の自主性とは何なのか。

「あえてチャレンジすることです。厳しい練習をやっているから勝てるわけではありません。子どもたちは、やらされているんじゃダメ。なぜ、こういうことをするのか。必要なことを教え込むのが教育だと思います」。

必要性を理解していれば、選手は自主的に動く。実は、その体験は、ずっと前にしていた。

エース吉岡雄二(元近鉄)を擁した89年夏の甲子園。西宮の宿舎に着いた翌日、朝8時からミーティングをしようと大部屋に向かったら、既に選手たちが集まっていた。

「お前はピッチャーなんだから、試合までこんな準備をしろよ」「相手は、どこも優勝チーム。変化球を打とう。それを、逆方向へ。まずは、それからだ」。

そんな声が聞こえてきた。「これなら大丈夫だ」。

結局、大会期間中、監督主導でミーティングを開くことは1度もなく、初の日本一に輝いた。「まさしく、自主性でした」。

50年率いれば、50通りのチームがあるということかも知れない。思い出の選手も聞いた。(つづく)