【履正社から東洋大姫路 岡田龍生の流儀②】無名校に持ち込んだ姫路メソッド 工事現場の電球頼りに猛練習

履正社(大阪)を夏の甲子園優勝に導いた岡田龍生監督(60)が、22年3月で退任し、4月から母校・東洋大姫路(兵庫)で指揮を執っています。履正社を全国有数の強豪校に作り上げ、オリックスT―岡田やヤクルト山田らプロにも人材を送り出しました。35年の在任期間を5回連載で振り返ります。(敬称略)

高校野球

堀まどか

教え子の髪にも、白いものがまじるようになった。岡田龍生が履正社の教員になり、硬式野球部監督に着任した1987年(昭62)春。ともに履正社のユニホームに袖を通した生徒は、今は50歳を過ぎた熟年世代になった。顔を合わせて酒を酌み交わしたとき、教え子が苦笑しながらこんなことを口にした。「『部活をやめさせて下さい』って監督に言いに行くことすら、怖くてできなかった」。

◆岡田龍生(おかだ・たつお)1961年(昭36)5月18日、大阪市生まれ。東洋大姫路(兵庫)では正三塁手だった79年センバツで4強。日体大から社会人の鷺宮製作所を経て、85年から桜宮(大阪)のコーチを務め、87年春に履正社監督に着任。夏は97年、春は06年に甲子園初出場。14、17年とセンバツ準優勝。19年の夏に星陵(石川)を下し優勝。主な教え子はオリックスT―岡田、ヤクルト山田哲、阪神坂本ら。保健体育教諭。

★「怖かったと思うんです」

卒業して何十年もたって、ようやく恩師に言えた本音を、岡田は胸に受け止める。

「それを聞いて、本当に申し訳なかったなと。反抗したりはしなかった。それくらい、ぼくのことが怖かったと思うんです。毎日が苦痛やったんやろなと」

野球に精通した指導者がおらず、ラグビー、サッカー、弓道など他のクラブとグラウンドを分け合いながら細々と活動を続けていた硬式野球部。そこに、教員と野球部監督になる夢をかなえ、選手育成に血をたぎらせる26歳の指導者がやってきた。

野球部員の日常は激変した。

「平日は、グラウンドを使えない日が結構あったんです。それなら、と学校から緑地公園まで走って行ったり、みんながクラブ活動を終わるまで待っていたり。そのころは当然、照明なんかないんで、工事現場の電球みたいなのを買ってきて、一部分だけ照らしてやってました」

★自転車通学が大半

大阪・豊中市の学校から約1・7キロ離れた同市内の服部緑地公園まで走ったり、他のクラブの活動終了を待った。当時は、下校時間の遅さをとがめられることもなかった。

「厳しくやっても、どうのこうの言われる時代じゃなかった。夜10時くらいまではやってましたね。基本、みんな自転車とかで帰る子ばっかりなんで、電車を気にする必要はなかったんで」

母校の兵庫・東洋大姫路でたたき込まれた厳しさが、当時の指導者・岡田のスタンダードだった。

1979年4月5日、選抜準々決勝の池田戦。三塁手の岡田は打球を右足に当て倒れ込む

1979年4月5日、選抜準々決勝の池田戦。三塁手の岡田は打球を右足に当て倒れ込む

「めちゃくちゃ練習してたんで。基本、ぼくらが高校のときは、練習量は日本一や! みたいな流れでやってたじゃないですか。練習したら勝てる! 練習こそ、すべてや! って」

岡田自身の生活も、野球を軸に回っていた。前任校の桜宮の2年目に結婚し、履正社に赴任したころにはすでに父親だった。

「でも、子どもらに会うことはほとんどなかったですね。ぼくが帰ったら、子どもたちは寝てる。朝は他のクラブはやらないから、ノックは朝にやる。朝練をするから朝出ていくのも早いから、子どもらはまだ寝てますよね。ずっとそんな生活でした」

猛練習は、監督1年目の夏の大阪1勝で実を結んだ。

「1回勝ったんです。夏は6年ぶり。全部、1回戦負けやったんです。次は大商学園に当たって負けたんですけど、1回は勝ったんです。これでやれるな? うーん、そんなのもありましたね」

★6年ぶり大阪1勝も…2人退部で11人

だが夏が終わり、3年生は引退。部員は13人になった。その中で、2人がやめた。

「ぼくと一緒に入学してきた子の中には、中学校のときの未経験者が3人。卓球、陸上、体操競技やったと思います。3年生には未経験者はいなかった。2年生も少なかったんですよ。厳しくやってたから、2人やめてしまって11人になったんです」

「未経験者の子も出さないと、代える選手がいない。そんな状況でしたが、東洋大姫路とそっくりそのままやってました。でも、来てる選手が、違いますよね。それを同じにして、ということ自体がむちゃくちゃな指導やったと思います。今、思えば」

全国制覇を知る母校と、甲子園に出た経験すらない履正社。立ち位置の違いも当時の岡田は度外視し、熱さ、激しさ、厳しさで部員を引っ張ろうと必死だった。

「当時は(中学生に)全然相手にしてもらわれへんかった。特にボーイズリーグや硬式のチームには」

★激戦区ならではの苦労

名うての中学生はライバル校に入っていく。大会を勝ち上がる実績など、中学生を引きつける魅力がなければ、いつまでたっても部員不足に苦しむことになる。「今、頑張らなければ」と必死だった。

桜宮時代の縁で、大阪市内の中学軟式野球部の著名な指導者と懇意になれた。そこから縁が広がり「岡田監督が教えているチームになら」と、中学生の志望校に加えてもらえるようになった。期待に応えようと奮闘し、公式戦で上宮など府内の強豪校にも勝てるようになった。

「ちょっとずつ(戦績が)上がっていったんですよ。勝っていくと、先輩が行ってるからと次々に来てくれるようになった。中学生も見てるし、指導者も見ているので。ちょっとずつうちを希望してくれるようになってきました」

甲子園は、まだ長い長い道の先だった。ただ、どうやればその道を歩き続けていけるのか、答えが見えてきた。奮闘、努力が結果につながり始めていた矢先、岡田は倒れた。(つづく)

▼岡田龍生の流儀 連載一覧▼

①一念発起の26歳 顧問不在の無名校へ