【夢幻のグローバル・リーグ:第5話】ついにカラカス大脱出を敢行 機内で機関銃を突き付けられ…/祝! 野球伝来150年②

野球が日本に伝わり、2022年で150周年を迎えました。野球の歴史を振り返る不定期連載Season2は、国際化の先駆けとも言える、あるリーグに焦点を当てます。事実は小説よりも奇なり、全9回の第5話です。(敬称略)

ストーリーズ

古川真弥

▷フロントマンを振り払い

未払いのホテル代(約486万円)を払わねば、出国してはならない。1969年(昭44)7月3日、ベネズエラはカラカスの地方裁判所が仮処分を下した。翌日、東京ドラゴンズの面々は大胆な行動に打って出た。

早朝のカラカス脱出作戦だ。

顚末(てんまつ)をつづった手記を、ナインの1人である元大洋(現DeNA)の室井勝が「週刊ベースボール」(同年8月25日号)に寄せている。決行日となった7月4日の時系列を追いながら、紹介する。

■午前6時25分

「起きろ」の声に目を覚ました。そのときは、われわれ25人を除いて、ホテル全体は、まだ深い眠りの中にあった。

■同45分

ドアを開けて廊下に出た。25人は、足音を忍ばせて正面玄関から外に出た。寝ぼけ眼のフロントの係員が何か大声で叫びながら、追っ掛けてきて、手近にいる者を、手当たり次第に袖を引っ張り、荷物に手をかけるが、もちろん、そんなことで、引き留められるわれわれではなかった。

一足先に出た者が用意した6台のタクシーに分乗した総勢25人は、一路空港に向けてスピードを上げさせた。

■約30分後

ホテル側の追っ手もなく、タクシーは何事もなく空港に到着。われわれは、ロビーの一隅にひとかたまりとなって時を待った。

▷「カム・バック」「立て」…冷たい感触

その後、午前10時発米国・マイアミ行きの搭乗手続きが始まり、一行は無事にゲートイン。飛行機に乗り込み「これでもう安心」と思った時だった。当局の人間が乗り込んできて、こう言った。

「カム・バック」

メンバーの1人、福井勉が当時の様子を語った。

カラカス大脱出の失敗を報じる1969年7月6日付の日刊スポーツ。1面の左下、2段見出しの扱いだった

カラカス大脱出の失敗を報じる1969年7月6日付の日刊スポーツ。1面の左下、2段見出しの扱いだった

「兵隊が飛行機に乗ってきて、機関銃を突きつけられました。『立て』と。機関銃の先を。まさか撃たんだろうと思ったけど、冷たい感じですよ。しかも、あの当時のボロボロの機関銃ですから。狙っただけで弾が出そうな。今、考えると怖いですよ」

離陸寸前で脱出作戦は失敗に終わった。ただ、飛行機から降ろされても、逮捕されるでもなし。行き場を失ったナインは空港近くの公園で野宿した。

すると、日本大使館の職員がやってきて、大使公邸に引き取られた。

▷行き倒れ 大使公邸へ

いわば〝行き倒れ〟で保護された格好となった。大使公邸では、大使家族とキャッチボールやバレーボールをし、家事を手伝いながら毎日を過ごした。

余談だが、7月20日にアポロ11号が月面着陸に成功した。史上初めて人類が月に降り立った中継を、ドラゴンズの選手たちも大使公邸のテレビで見た。

飢えをしのぐ日々とは、おさらばできたが、カラカスに据え置かれていることは日本でも報じられていた。かつての仲間たちを助けようと、ロッテ選手会が寄付を募った。ドラゴンズの選手の家族たちが集まり、外務省と対策を協議する事態にもなった。

そうこうしているうち、8月に入り、ようやくホテル代がアメリカのリーグ本部から届く。晴れてベネズエラを出国。一行はアメリカに渡り、先に渡米していた監督の森徹とも合流した。

▷5カ月半ぶりの母国

9月12日、およそ5カ月半ぶりに羽田空港着の飛行機で日本に帰ってきた。

空港に降り立った森は、そのまま会見に臨んだ。カラカスに足止めされたチームの元に戻らなかったのは「私がカラカスへ行けば、選手と同じように、カン詰めにされただろう。そうなったら一体、だれがディルベック(リーグ会長)と交渉するんですか」と訴えた。

東京ドラゴンズは解散となったが、リーグ本部は翌年もグローバル・リーグを行う考えを持っていたようだ。森は、声高に言った。

「私はやりたくないが、しっかりした組織のもとで再開するならば、協力してやると、ハッキリ伝えてきた。保証金もなく、支払いが小切手で、手にするたびに、不渡りは、もうたくさんだからね。これは、だれがやってもおなじことだ」

あまりにお粗末なリーグ運営だった。わずか1シーズン、正確には開幕から1カ月足らずでグローバル・リーグは幕を閉じた。ただ、その事実だけで、歴史的評価を決めていいのだろうか。当事者の声を聞いた。(つづく)