【追憶 桑田真澄⑦】ドラフト当日3球団から「1位」の連絡 反故にされ残った巨人

PL学園の桑田真澄。すべての野球好きが胸躍る響きです。今だから話せる、巨人入りまでの経緯。貴重な証言となった全10回連載の第7話。(2017年6月9日掲載。所属、年齢などは当時。文中敬称略)

高校野球

堀まどか

★パンチョ伊東のアナウンス

高校最後の夏を全国制覇で終え、桑田はPL学園のユニホームを脱いだ。

戦後最多の聖地20勝を積みあげ、甲子園最多13本塁打の清原和博とともに野球の神に祝福された高校生として卒業するはずだった。

だが85年11月20日、東京・九段のホテルグランドパレスに響いたアナウンスが、2人のその後を大きく変えた。

「第1回選択希望選手 読売 桑田真澄 17歳 投手 PL学園高校」

球界は騒然となった。桑田は早大進学を希望し、清原は巨人熱望とみられていた。だが、巨人の本命は桑田だった。

巨人からドラフト指名を受け会見する桑田=1985年11月20日

巨人からドラフト指名を受け会見する桑田=1985年11月20日

桑田母は祖父の母校である早稲田に行って欲しかったんです。おやじはプロしか考えてなかったんですけど。僕は中学、高校6年間1度も授業で寝たことがなかった。早稲田に行くには成績もトップクラスでないとダメだと思っていたからです。先生やクラスメートも、そうした姿を見ていたと思います。そんな人間が巨人に入るために、早稲田を隠れみのに使いますか?

32年前の秋、周囲に伝えたかった桑田の思いだ。

★土壇場の撤回

桑田これは時効だから言いますけど、ドラフトの当日に3球団から「1位で行きますから」と連絡があったんです。そこにはジャイアンツは入っていません。もしその3球団が僕を指名していたら抽選になりますよね。その3球団は土壇場で降りて、僕を指名しなかったんです。ところが、ジャイアンツだけが指名したので裏工作と大騒ぎになりました。僕は中学時代からずっとPL学園-早稲田-巨人を目標にしてきました。僕は阪神ファンが多い大阪で育ちましたが、ずっと巨人ファンだったんです。

実際に高校1年生だった83年の日刊スポーツにも、好きな球団は巨人と記されている。

あこがれ続けた巨人の1位指名。身震いするほどうれしかったという。

だがプロの前に進学しようと決めていた早大の受験が4日後に迫っていた。沈黙を守ったまま、桑田は東京に向かう。その日のうちに対面した早大関係者は、桑田に告げた。

「君が受験すれば間違いなく受かるだろう。合格してしまえば、それを断ってプロに行くことはできないよ」と。

★早稲田との2択

11月23日午後7時半。

桑田はPL学園の高木文三野球部長に付き添われ、東京都港区の「高輪クラブ」で早大進学断念を表明。

「初志を貫徹したということ。巨人が1位だったら入ると考えていたし、それ以外だったら早稲田と決めていました」と巨人入りの決断を明かした。

桑田は早大進学とみていた周囲と、桑田の「初志」との間には大きなギャップがあった。甲子園のヒーローは一転、強い逆風を受ける立場になった。

ドラフト会議に出席する巨人王貞治監督。背後の巨人1位指名の立てふだには「清原和博」ではなく「桑田真澄」=1985年11月20日

ドラフト会議に出席する巨人王貞治監督。背後の巨人1位指名の立てふだには「清原和博」ではなく「桑田真澄」=1985年11月20日

桑田当時スカウトを通じて、「努力」と書かれた王さん(当時巨人監督)の色紙をいただきました。その時「険しい道のりになると思うが、オレと一緒に野球をやろう」というメッセージもいただいたんです。王さんにそう言われて、断る野球選手がいると思いますか? 僕は、王さんの胸に飛び込む決意をしました。

盟友清原や世間を裏切ったとまで言われた桑田の、今だから語れる言葉だった。(つづく)