LDH仲間捜しの2軸「オーディション」「EXPG」が新たな潮流を生み出した

注目の人、話題のこと。もっと知りたい、もっと読みたい。その思いをかなえます。「EXILE アリーナツアーの歴史」に続きお届けするのは「LDH オーディションの歴史」。

ストーリーズ

大友陽平

<オーディションの歴史・前編>

人と人をつなぐ縁-。芸能界で“デビュー”する縁をつなぐもの。「スカウト」や養成所からの「育成」などとともに、大きな役割を果たすのが「オーディション」だろう。LDHも、EXILEが06年にボーカルオーディションを開催して以降、節目でオーディションを開催して、仲間を増やしてきた。現在開催中のLDH史上最大規模のオーディション「iCON Z」で男性部門のプロデューサーを務めるEXILE AKIRAと、「EXPG高等学院」で学長を務めるEXILE TETSUYAとともに、そのオーディションの歴史を振り返る。

   ◇   ◇   ◇

01年にデビューしたEXILE。グループとしての活動を押し進める中で、リーダーのHIROは、未来を見据えていた。デビュー翌年の02年10月に「エグザイルエンタテインメント有限会社」を設立し、翌03年9月に「LDH」を設立。さらにダンス&ボーカルスクール「EXPG」を設立し、子どもたちに夢を与えるとともに、将来の仲間に成り得る人材育成にも着手していた。

一方で、06年にボーカルの1人がグループを脱退すると、新たなボーカルをオーディションで募集するという斬新なアイデアを打ち出した。「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION(VBA)2006」(最終オーディション会場=日本武道館)。約1万人の応募者から、一般人だったTAKAHIROが合格し、EXILEメンバーになった。

TETSUYAら二代目 J Soul Brothers(当時)メンバーが09年にEXILEに加入するまでは、クラブシーンなどを中心に仲間の輪が広がっていく形が主だった。06年に加入したAKIRAも「今はオーディションがあるので、夢を追う方々もプランを立てやすいと思うのですが、当時は奇跡的にそういうチャンスがあったら入れるみたいな感じだったので、HIROさんからいただく一瞬の言葉を信じてみたり、1つ1つのかけらを拾っていく感じでした」と回想する。

EXILEが国民的グループに飛躍を遂げると、仲間探しは、2つの大きな軸で回ることになる。その1つの軸が「オーディション」だった。VBAの成功も相まって、ショーケース化しながら、新たなグループの結成につながり、やがてEXILEからEXILE TRIBE(一族)へ、そして「LDH」へとつながっていくことになる。

06年09月22日、EXILE新ボーカルオーディション最終選考 EXILEの新ボーカルを選ぶ公開オーディションで歌うTAKAHIRO(左)とATSUSHI

06年09月22日、EXILE新ボーカルオーディション最終選考 EXILEの新ボーカルを選ぶ公開オーディションで歌うTAKAHIRO(左)とATSUSHI

10年の「VBA2」(応募約3万人)では、今市隆二と登坂広臣が合格し、三代目 J SOUL BROTHERSのボーカルに。ファイナリストには、のちにGENERATIONSのボーカルとなる数原龍友と片寄涼太がいた。

さらに女性ボーカルとパフォーマーを対象にした11年の「VBA3」(応募約3万人)では、伶(鷲尾伶菜)や佐藤晴美、坂東希、山口乃々華らを輩出。HIROがパフォーマーを勇退し、新たなEXILEのパフォーマーを決める、14年の「EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION」では、すでにデビューしていた岩田剛典、白濱亜嵐、関口メンディーだけでなく、一般から参加の世界、佐藤大樹を加えるなど「オーディション」は、LDHにとっても、新たな潮流を生み出すための、大きな役割を果たしていく。

そしてもう1つの軸が、先の03年に設立した「EXPG」の存在だ。

TETSUYA GENERATIONSからは、EXPG色も強くなっていきました。オーディションもそうですが、育ち方がクラブシーンとは違うので、そこから世代が変わった感じはしました。まさに“MADE IN EXPG”というか、それが「Jr.EXILE世代(EXILEに憧れ、EXPGで育った世代)」ですね。

オーディションで発掘された逸材、そしてEXPGで育った逸材。2つの大きな軸の中から生まれた新たな仲間たちは、GENERATIONSをはじめ、THE RAMPAGE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZと新たなグループとなり、その精神が脈々と受け継がれていく。

AKIRA EXILEも、三代目 J SOUL BROTHERSやGENERATIONSをはじめ、EXILE TRIBEの後輩たちの存在は、僕たちを大きく成長させてくれましたし、その存在なしにここまで大きなエンターテインメントをずっと続けて来られていないと思います。そしてそれが、LDHのあり方にもなっていると思います。オーディションというのは、本当に自分たちにとっても大切な場面だと思います。

そして21年、EXILEの20周年イヤーのスタートと同じタイミングで、LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z」が始動した。

(4月5日の後編につづく)