尾上菊之助「風の谷のナウシカ」クシャナ役への思い語る

ストーリーズ

小林千穂

尾上菊之助(44)が新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」をアップデートさせる。「七月大歌舞伎」(同4~29日、東京・歌舞伎座)の第3部で「風の谷のナウシカ 上の巻 -白き魔女の戦記-」で皇女クシャナを演じる菊之助にインタビューした。クシャナの心情を深く掘り下げ、宮崎駿氏が描いた原作漫画のメッセージをより鮮明に伝える。3年前に初演された話題作、歌舞伎座初上演となる。

   ◇   ◇   ◇

19年12月に新橋演舞場で初演された新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」は、歌舞伎の手法をふんだんに取り入れ、原作漫画の世界を表現。ナウシカはじめ魅力的なキャラクターたち、大がかりな舞台装置などが話題になった。前回ナウシカを演じた菊之助はクシャナを演じる。スタジオジブリのプロデューサー、鈴木敏夫氏の提案を聞いてすぐ、向上心がわいたようだ。

「『-ナウシカ』に出てくるキャラクターすべてが主人公になっていいというほど魅力的。ナウシカ以外の人物にもずっと興味を持って、前回の脚本作りに参加しました。クシャナはナウシカと対になる役。クシャナという提案をいただき、前回、中村七之助さんが作り上げてくださったクシャナに、自分がどういう色を付け加えることができるか、という思いが強かったです」

クシャナをより深く表現するため、前回にはなかった、母と語り合う場面を付け加える。インタビューしたのは博多座公演の真っ最中で、この肝となる部分を入念に作っている時だった。

「原作に母親と語る場面があるんです。生い立ちと、今置かれている立場がより分かると思います。クシャナと母親は思いやりあっていたにもかかわらず、母親は毒をあおってしまった。そして今は、血のつながっていない兄たち、父親からも命を狙われている。ナウシカとの対比という意味でも、母親との場面が大切になると思います」

衣装も心情の変化に合わせて変えるという。前回は、登場場面はほぼ勇壮な鎧(よろい)姿だった。

「衣装は4~5パターンあります。前回はずっと鎧支度か、鎧を解いた状態でしたが、今回は、最初は高貴な皇女として登場します。兄たちのたくらみや、戦いが進むことで、鎧支度に変えていこうと思っています。歌舞伎では衣装によって心情を表していることが多くあります。色や着ているものでキャラクターの心情が分かるんです。衣装とともにクシャナの心情や、秘めた女性性も感じてもらえればなと思います」

初演時は昼夜2部制で、上演時間は昼夜合わせて5時間45分の大作だった。現在、歌舞伎座は感染対策で1部ごとの時間が短く設定されているため、「上の巻」と題し、初演時の昼の部を凝縮して上演する。

「2幕構成で考えています。1幕目は腐海の場面から、(ナウシカが王蟲の暴走を止める)金色の野の場面まで、2幕目でクシャナの生い立ちを含めた心情を深く描きたいです。ユパとアスベルの本水(実際の水を使う演出)の場面は感染対策の関係もあってできませんので、早く本水を入れたいですね」

中村米吉演じるナウシカのメーヴェに乗っての宙乗りも見どころだ。ガンシップも登場し、原作を忠実に再現しているとして話題になった冒頭の腐海の場面も期待される。

「前回の昼の部は、疾走感を大事にしていました。ナウシカがメーヴェで風の谷を飛び回っているようなイメージです。あまり重たくなりすぎず、でも人間の心情を描き、今回も疾走感を大事にしていけたらなと思います」

早くも後半、下の巻への期待が高まる。

「今年は難しいので、近いうちにやりたいですね。私がクシャナで、米吉さんがナウシカで最後まで物語を通していきたいです。全体を通して演じるということも役を深めてくれると思っています」

物語全体の世界観、エッセンスをより大切にした再演になりそうだ。

尾上丑之助

尾上丑之助

知世ちゃん

知世ちゃん

共演の長男丑之助、長女知世ちゃんと共演

菊之助の長男丑之助(8)が幼い王蟲の精を演じ、長女知世ちゃん(6)が幼きナウシカとして舞台初挑戦する。菊之助は2人の稽古について「丑之助は(舞踊の)尾上菊之丞さんと踊りの稽古をしています。知世は、私がせりふの稽古をして子役の先生にみていただき、2人がかりで稽古しています。知世は役者の家に生まれたので、歌舞伎が遠い存在ではなかったと思います。家では丑之助と立ち回りごっことしてます」と笑った。

丑之助は映画「-ナウシカ」が大好きで、歌舞伎版も実際に見てDVDで何度も見ていたという。再演の時には出たい、と早くから意欲を見せていたそう。菊之助も「出るかと聞いたら出たいと申しました。王蟲の精として、金色の野の場面で踊らせていただきます」と話した。

知世ちゃんも歌舞伎版をみている。菊之助は「前回、幼きナウシカを演じたのが女の子でしたし、知世にどうかと思いました。本人はちょっと考えてやると言いました」と言う。バレエを習っていたこともあるそうで、芸事や舞台には興味があったようだ。

壮大な物語である「-ナウシカ」から子供たちにどんなことを感じてほしいのかを聞くと、菊之助は「生きるということ」と言った。「ナウシカのように、人にいい影響を与えて、お互いに成長できる人間になってほしいです。人間はすべて善ではなく、すべて悪でもなく、両方を抱えていると思います。ナウシカも清濁併せ持っていますが、愛で包んで、自分の信念で進んで成長していく。『生きねば』というナウシカが言います。何があっても生きていく先に未来があるので、愛を持って生きてほしいです」と話した。

慎重に舞台サイズを検討

初上演する歌舞伎座と、初演の新橋演舞場の舞台サイズの違いも慎重に検討している。大がかりな装置も多いためなおさらだ。菊之助は「歌舞伎座の方が横長で、演舞場は縦長なんです。ガンシップは前回もギリギリだったので、3階席からきちんと見えるかも考えなければいけないですね。美術プランも(演出の)G2さんにアドバイスいただいて作っています」。上演前に引かれていた、タペストリー幕は『-ナウシカ』の世界観を表していて好評だった。「皆さん写真を撮ったりして喜んでいただきました。今回も使う予定ですが、定式幕もありますし、他の演目と干渉しないよう検討を重ねています」。

尾上菊之助演じる皇女クシャナ(永石勝氏撮影)

尾上菊之助演じる皇女クシャナ(永石勝氏撮影)

肌質が姫らしい「菊之助クシャナ」

菊之助演じるクシャナと、米吉演じるナウシカのイメージビジュアルも解禁になった。撮影までにはかなりの試行錯誤を繰り返し「ようやくスタートラインに立てました」と一息ついた。衣装は、歌舞伎風から現代風まで何通りも考えたという。どこまで原作に寄るのかも考慮した。鈍く光る鎧が印象的で、菊之助は「より金属っぽい質感が出るようにコーティングを施しています」とした。化粧も何パターンも試した。「クシャナは、男性っぽくもできるし、女性っぽくもできる。冷たくも強くもできるんですが、あまり強く作ってしまうと魔女っぽさが出てしまう。歌舞伎らしい女形の色を少し入れ、肌質を姫らしくなるようにしました」と明かした。

中村米吉演じるナウシカ(永石勝氏撮影)

中村米吉演じるナウシカ(永石勝氏撮影)

中村米吉「青天のへきれき」

ナウシカを演じる中村米吉は「青天のへきれきとはこのこと。思いもよらぬことで夢のよう」と言う。菊之助は、前回米吉が芯の通った女性ケチャを演じた時の役作りの熱心さ、作品への情熱を感じたという。米吉は「菊之助のおにいさんのなさったナウシカが、歌舞伎のナウシカとしての目指すべきところではあるんですが、その上に自分のエッセンスをいかに加えていけるのかを考えなくてはいけない」と話している。化粧も何通りも試し、交流のある女優紫吹淳に化粧品のことを聞いたりしたという。初挑戦の宙乗りについては「さっそうと飛べるか分かりませんが、少しでも、空を飛ぶすてきなナウシカができればと思います」。