羽生結弦、田中刑事とフィギュア同期ビッグ3...日野龍樹が果たせなかった約束

なぜスポーツはこうも人の心を揺さぶるのか。その答えがここにある…日刊スポーツが贈る珠玉の物語。

羽生結弦選手には、同期がいます。日野龍樹さんはかつて、羽生選手、田中刑事選手とともに同世代を引っ張ってきました。先に引退した日野さんの道のり、2人への思いを語ってくれました。

(2021年12月7日掲載 所属、年齢など当時)

ストーリーズ

木下淳

<銀盤に別れを告げた選手たちの今>


突然の引退表明だった。「最後と決めて臨んでいたので。どうなってもいいって気持ちと、へたな演技はできないなって気持ちがありましたね。やっぱり同期にすごいやつらがいますから」

20年12月26日、フィギュアスケート全日本選手権(長野)。男子フリーの演技を終えた直後の取材エリアで、日野龍樹(26)が唐突に打ち明けた。

同期、とは同じ会場で戦った羽生結弦(27=ANA)と田中刑事(27=国際学園)のことだ。1994年度生まれ。ノービス(主に小学生)年代では日野と羽生が日本一を2度ずつ分け合い、中学から高校にかけての全日本ジュニア選手権では3人全員に優勝経験がある。黄金世代のビッグ3だった。

◆日野龍樹(ひの・りゅうじゅ)1995年(平7)2月12日、東京都調布市生まれ。名前の由来はインド仏教の僧「龍樹」から。「フョードル」のミドルネームを持ち「フェイ」の愛称で呼ばれる。01年にスケートを始め、高田馬場シチズンプラザ-明治神宮外苑FSC-武蔵野学院中-中京大中京高-中京大(スポーツ科学部)。合計の自己ベストは18年フィンランディア杯の205・15点。09年から12年連続で出場した全日本の最終戦はSP、フリー、総合すべて11位で引退。女子の同期は村上佳菜子や細田采花ら。173センチ、65キロ。血液型AB。

高校、大学卒業を機に大半の選手が氷から離れる世界で、25歳を超えてもなお3人は競技を続けていた。ほかの同期は指導者に、振付師に、会社員に、それぞれ新たな道を歩んでいる。日野も十分に息は長いが「最初に」3人の中でスケート靴を脱ぐことになった。表情は柔らかい。

20年全日本選手権 男子フリーで演技する日野龍樹

20年全日本選手権 男子フリーで演技する日野龍樹

「ショート(プログラム=SP)が終わってから、フリー当日の朝にかけて(引退を)決めました。こんなもんですよ、やめる時って。来年も続ける体力はないですし、大会の1週間前から体重も減っちゃって。来年もこんな気持ちになるのなら…絶対ここでやめたほうがいいなって(笑い)」

スケート生活は、ちょうど20年。節目に第一線から退くことを成瀬葉里子、川梅みほの両コーチらに伝えた後、記者団への報告をもって12年連続12回目の全日本選手権に別れを告げた。

競い合った3回転

競技を始めたのは6歳の時だった。ロシア人の父と日本人の母の間に生を受け、高田馬場でリンクに立った。9歳の時、日本スケート連盟の長野・野辺山合宿(全国有望新人発掘合宿)で羽生、田中らと出会う。練習では跳べる3回転ジャンプの数で勝負し、大会になれば3人が全国大会の表彰台を独占して頂点の座を奪い合ってきた。

東京出身だが、スケート歴の半分以上の11年間を名古屋で過ごした。転機は中学3年。06年トリノ五輪(オリンピック)女子の金メダリスト荒川静香や、冬季五輪男子2連覇の羽生らを育てた長久保裕コーチを慕い「高校は越境進学したい」と両親に頼み込んだ。

「長久保先生は、もともと仙台にいらっしゃって。その時から教えてもらい、指導の拠点を名古屋に移された後も、僕はチームに入れてもらって合宿等でお世話になっていたんです。ジャンプを教えるのが日本一、いや世界一、上手なコーチ。その先生に毎日、習うことができるチャンスが、愛知に行けばある。逃すわけにいかない。父と母に『行かせてほしい』とお願いしました」

愛知・中京大中京高へ進学し、親元を離れた。祖父が付き添って生活を支えてくれた。

「引退して、今こうやって振り返っても最高の決断だったと言えますね。感謝しかないです」

ナショナルトレーニングセンター(NTC)が現在の大阪・関空アイスアリーナではなく、中京大だった時代。将来を嘱望された日野は、中学1年から週末になると愛知へ通うようになり、長久保コーチの指導を受けていた。縁だった。

12年名古屋フィギュアスケートフェスティバル 演技する16歳の日野龍樹

12年名古屋フィギュアスケートフェスティバル 演技する16歳の日野龍樹

「中1でトリプルアクセル(3回転半)の練習を始めたんです。長久保先生に週1回か2回、教わって。そうしたら3年の時には降りられるようになった。確実に上達させてくださるコーチに週末だけでなく毎日、習えるとしたら、こんな最高なことはないでしょう。実家を出ることに迷いはありませんでした」

高校では全日本ジュニア選手権を2連覇。ジュニアグランプリ(GP)ファイナルでは表彰台に立って銅メダルを首から提げた。引退した時、必ず聞かれる「競技人生で最も記憶に残っている試合は?」という問いかけには「待ってくださいね。30秒以内に答えますから」と言った直後、わずか3秒で答えた。

「3位になれたジュニアGPファイナルですね。実は全く万全ではない状態だったので。(シーズン本格開幕の)8月から突っ走ってきて、ジュニアGPシリーズで転戦して、全日本ジュニアで2連覇して。その後なんですけど。身体全体に疲れがたまって、全くジャンプが跳べなくなってしまったんです。ファイナルの6人に2年連続で残れたのは『良かった~』だったんですけど、すぐ『本番で1本も跳べなかったらどうしよう…』となって。半信半疑だったんですけど、結果は…いざ試合になったら、自分も、支えてくれた方々も驚く演技。長久保先生を頼って、やることやってきて良かったなと。体が覚えていてくれました」

ヤグディンに憧れて

元来、ジャンプは好きだった。「3回転半を跳ぶと雲の上に行く感覚になるんです」。いつも憧れのスケーターと自身を重ねた。02年ソルトレークシティー五輪の男子金メダリスト、アレクセイ・ヤグディン(ロシア)。3回転半を飛ぶ姿が世界一美しく、世界一高い、と評された名手だ。

「子供のころは考えたことなかったんですが、ルーツが同じロシアということも潜在意識の中にあったのかもしれないですね。とにかくスケーティングに魅了されて、あの人のようになりたかったですし、あの人のように高く高く3回転半を跳びたかったですし、あの人のようにデス・ドロップ(スピン)も高く浮きたかったんです」

「でも、やっぱり夢は4回転でしたよね。高校2年から長久保先生とトーループの練習を始めて、高3の夏に、練習でしたけど初めて降りられた時の感動は今でも覚えています。今度は雲の上じゃなく、テレビに入ったような。初めて4回転を見た映像の中に、自分自身が入り込んだ感覚になりました」

ヤグディンが唯一跳べた4回転のトーループを降り「スケートをやってきて良かった」と心から思った。公式戦で氷に降りたのは中京大4年の日本学生氷上選手権(インカレ)まで待つことになったが「片足で粘って、回って、何とか着氷って感じでした」と、自分らしさに思わず笑みをこぼす。羽生がソチ五輪で金メダルに輝いた2年後だった。盟友は、トーループとサルコーに続き、既に3本目の4回転ジャンプとなるループを世界で初めて成功させていた。

20年全日本選手権男子 フリーの演技を終えた日野龍樹

20年全日本選手権男子 フリーの演技を終えた日野龍樹

「それが今では4回転半を目指していますから。化け物ですって(笑い)」。さらに2年後の平昌五輪で羽生は2連覇を遂げ、田中も初出場した。9歳から切磋琢磨(せっさたくま)してきた同期との差は開いたが「いつまでも力をくれる存在、それも同期。少しでも、ユヅ、刑事に近づきたい」と言える。たどり着いた舞台が16年のGPシリーズNHK杯だった。

「さっきの最も記憶に残った試合って質問、もう1ついいですか? やっぱりNHK杯は外せませんよね」

日野、羽生、田中が顔をそろえた最初で最後のシニアの国際大会だった。

「でもその話は、後ほど同期をテーマに聞かれると言うことですから、その時にしましょうか(笑い)。先に僕の『今』からお話しします」

今年7月1日。きらびやかに輝く衣装からスーツに着替えた新社会人は、ネクタイを締めて電車に乗っていた。就職し、初出勤の日を迎えた。選んだのは意外な職種だった。

外から見守りたい

マネジメントを委託する吉本興業の東京本社(新宿区)に、元フィギュアスケーター日野龍樹(26)は上下紺のスーツ姿で現れた。勤務先からの帰り道。20年間の現役生活に、今年3月に区切りを付けて「就職しました」と穏やかな笑顔を見せた。

スーツ姿を披露する日野龍樹

スーツ姿を披露する日野龍樹

「吉本さんじゃないですよ、就職先は(笑い)。そんなうわさもあったみたいですけど。引退した後も、こういう時に引き続き面倒を見ていただけることになって。ご厚意に甘えて、お世話になり続けています」。そう笑って続けた。

「職種は、システムエンジニア(SE)です」

スケート人生の半分以上を過ごした名古屋から、実家のある東京に戻ってSEに転じていた。

「勤務先は東京で探しました。いや、もうさすがに家族と一緒にいたいですから(笑い)。11年も親元を離れて愛知にいたので、これからは東京で。転勤がないことも条件に探させてもらいました」

昨年末の全日本選手権で引退を表明し、年明けから就職活動を始めた。「全日本までは、現役を続けるか引退するか、決め切れていなかったので。その時点で就活を始めちゃうのは勇み足かなと。開始は競技をやめてから」と決めていた。

スーツ姿を披露する日野龍樹

スーツ姿を披露する日野龍樹

もう1つ決めていたことが「スケート以外の仕事」だった。今年1月、キャリア最後の全国大会となった冬季国体(愛知)でも「自分がどんな人間か知りたいという理由でフィギュアから離れる」「社会に出たら間違いなく打ちのめされると思うけど、新たな世界で」などと話していた。

21年冬季国体 成年男子SPで演技する日野龍樹

21年冬季国体 成年男子SPで演技する日野龍樹

手をたたき「すごく格好つけた言い方しちゃってますね」と大笑いした。「でも本当です。スケートだけで僕の人生を埋めたくはなかったので、ほかの道にどうしても進みたかったんです。自分にある可能性…と言うと大げさですけど、自分は、どんな人間なんだろうって知りたい。仲間はスポーツ関連とか、インストラクターとか。連盟に入ったり、指導者になったり、も多いですけど、自分は上手に教えられる自信もないですし、外側から見守りたいなと」

中学時代の親友が勤めているというマイナビを通じて「いくつか、企業さんを紹介いただきました。ご時世的にzoom、電話、LINE等でやりとりしながら、採用試験が進んでいきました」。SPI(適性検査)では最も向いている職業として「営業」という結果が出た。不動産、スポーツジム、BtoBの業種など、さまざま勧められたが「え、待ってくださいと(笑い)。もともとオープンな人間ではないですし、もっと体育会系でビシッとしてる人がやるべき仕事かなと」。営業職の面接は1社も受けなかった。

「もちろん、フィギュアスケートはスポーツですけど、人に評価される競技で。いちいち気にしていたら大変ですから流したり、悩んだり、克服したり、反骨精神みたいなものは身につくんですけどね。でも確かに、野球やサッカーより珍しいので、同じ会社の方々もよく話しかけてくださいますし、あれ、営業に向いてましたかね(笑い)。フィギュアって言えば、みんな(浅田)真央ちゃん真央ちゃん、羽生結弦って言ってくださいますし」

だが、最終的に絞り込んだ職種は、最も縁遠そうなSEだった。「昔ならSEって難しそうだなって避けていたところを、あえてやってみようと。まだ入社して4カ月ですけど、自分に一番、合っている気がしますね」。高度な理系スキルを求められそうなイメージだが「合っている」という。確かに、兄の公純さんは東大から東大大学院という高学歴を誇る。現在は古今亭菊一の高座名で活躍する落語家だ。素養は申し分ないのだろう。

「いや、中京大中京高から中京大と勉強もしっかりやった自負はありますけど、一番はフィギュアスケート上達のために選んだ学校なので。昔から、あまり算数とか数学とか難しいと思ったことはなかったですけど、筑駒(筑波大付属駒場)とか開成に行ってたわけではないですし。兄とは、とてもとても比べものになりません(笑い)。でも、学校でスケートだけしていればいい、という考えではなかったことは確かです」

就職先は、企業や団体の事業を支えるコンピューターシステムのインフラ(基盤)設計、構築、保守を請け負う一般企業だ。テレワーク需要の高まりも受け、多忙を極める。入社は7月1日。「採用試験を受けている最中に『プロジェクトの関係で入社は7月になります』と言われたことも良かったです」と縁を感じた。引退試合が3月下旬の愛知選手権だったからだ。「引退して翌4月1日からいきなり働くのは大変だったので(笑い)。3カ月間、ぜいたくですけど、SEの勉強をさせてもらったり、ゆっくり休んだり、何もしない期間をいただきました」

21年冬季国体 成年男子フリーで演技する日野龍樹

21年冬季国体 成年男子フリーで演技する日野龍樹

SEのお仕事は、実際どうなのか。

「まだ試用期間で、例えばソフトをインストールする時の、何て言うんでしたっけ? 仕様書じゃなくて…あ、手順書だ(笑い)。ITに詳しくない方でも分かるように書類を作成したり、プログラミングもしてみたり、設計書、定義書、仕様書、いろいろと教えてもらってます。本当にやさしい会社。専門的な学校に通って資格を取ってからでないと普通は入れないと思うんですけど『未経験でも全然いいよ』と、おっしゃってくださったので。ぼちぼち、仕事のギアを上げないといけない感じはしますが」

「最初は何が分からないか、が分からないんです。社長は『何でも聞いてね』と言ってくださるんですけど『何を聞けばいいか分かりませーん』とは、さすがに言えないですよね(笑い)。とにかく自分でやってみて、それから聞く。コマンドを打つ時に、どう打ったらいいですか? このコマンドの意味は何ですか? って、調べても分からない時だけ聞きに行くようにしています。最近ようやく分からないことが分かってきた感じです」

大学卒業後の3年間は、拠点の邦和スポーツランドでアルバイトをしながら氷に乗っていた。

「手順書を作る前は、スケート場で一般営業の受付をしてました(笑い)。あとはセミナープラザという宿泊施設で宿直をしたり、隣接するゴルフ練習場で働いたり」

現在は、電車で決まった時間に通勤する日々だ。「高校までは規則正しい生活と練習をして、大学で少し融通が利くようになって、卒業してからは…自由すぎたので(笑い)。毎朝の早起きはまだ慣れないというか、きついですね。眠いです」と頭をかく。余暇には、新社会人として今まで経験のない疲れを感じながらも、フィギュアの試合を映像で確かめてしまう。

21年冬季国体 成年男子フリーの演技を終え、山本草太(左)と写真に納まる日野龍樹

21年冬季国体 成年男子フリーの演技を終え、山本草太(左)と写真に納まる日野龍樹

「(山本)草太がグランプリ東海FSCに(半年以上の無所属期間をへて)移籍できた話も、連絡をして話を聞きましたし。しんどい時こそ、声をかけたいなと。あとは佐々木晴也、中村俊介、壺井達也、きみちか(和田龍京)と連絡を取ったり。(本田)ルーカス(剛史)君と櫛田一樹君も。ルーカス君は、もともと西日本選手権で知ってましたけど、ジャパン・オープンで一緒になったころから、ちゃんと話すようになって。彼、大人びてるので話しやすいんです。顔も大人びてます(笑い)。櫛田は(田中)刑事の後輩なので、いつの間にか話すようになっていましたね。明治神宮外苑FSC時代は先輩に相談に乗ってもらったり、名古屋時代は(現在は三浦璃来とペアの)木原龍一に、よく焼き肉をおごってもらっていました。なので、自分も同じように後輩に返さないと。食事に誘ったり、余計なお世話にならない程度に、演技について話したりしています」

気になっちゃう同期

秋には同期の田中刑事とも連絡を取った。シーズンが本格開幕する10月のジャパン・オープンのころだった。「やっぱり気になっちゃいますよね、同期のことは。あ、ちょうどいい。ここで同期の話をしましょうか。聞きたいのは、ユヅと刑事のことですよね?」。そうおどけて、ICレコーダーに口元を近づけた。

フィギュアスケートの元全日本ジュニア王者、日野龍樹(26)が端正な顔をほころばせた。

「あの悔しさは一生、忘れられないんでしょうね」

18年の平昌オリンピック(五輪)。幼少時から日本一を争ってきた、同じ1994年度生まれの2人が同時に出場した。羽生結弦(27=ANA)は66年ぶりの2連覇を達成した。田中刑事(27=国際学園)は18位だったものの夢舞台に立った。日野は日本からテレビで応援していた。

「出場が決まったことに対しては、もちろん『おめでとう!』と思いましたし『頑張ってね!』と2人には伝えましたよ。だけど、悔しかったな。行きたかったな。これって一生、思うんでしょうね。大会中も悔しさは変わらなかったです。テレビで見ていましたけど、もちろん応援しましたけど、悔しい感情の方が勝っていた気がします。それが(21年3月まで)現役を続ける理由になったんですけどね。やめられないな、まだ頑張りたいなって思わせてくれました」

ノービス、ジュニアで日本一2度ずつの日野。五輪には届かずも、世代のトップを走ってきた。羽生、田中ら同期との出会いは小学校4年の時だった。9歳、長野・野辺山。全国有望新人発掘合宿の記憶が強烈に残っている。

16年NHK杯 公式練習に臨む日野

16年NHK杯 公式練習に臨む日野

「ユヅは、その前の仙台合宿の時も姿は見てるんですけど、しゃべったことはなかったので。初めて会話したのが野辺山ですね。刑事も、その時が最初です。夏に合宿があった後、毎年10月後半の全日本ノービス選手権Bで最初に優勝したのもユヅでした。詳しく言うと、僕が6位で刑事が8位。2位が鈴木潤で3位が(鈴木)拳太郎でした。僕はミスをしていないので、やることやって6位。刑事はミスをして8位。『何とも言えないなあ』って子供心に思ったことを覚えています(笑い)。それが初めて一緒に出た試合でした。ユヅ、うまかったな」

チャンネル争いで

2人の印象も強く刻まれている。「もう17年前ですかね、あの野辺山は。元気でした、どっちも。今のイメージとは、ちょっと違うかもしれません。うん、やんちゃでした(笑い)。もっともっと元気でしたし、にぎやかでした。もちろん問題を起こす、やらかす、って意味ではないですけどね」

野辺山の宿舎「帝産ロッヂ」では別の部屋だったが、いつも一緒だった。

「生年月日順で2部屋に分かれていたんです。誕生日が11月の刑事と12月のユヅたちが同じ。2月の僕は違う部屋でした。ふふっ、懐かしいんですけど、うちらの部屋で何のテレビを見るかモメていたんですよ。『クイズ!ヘキサゴン』と(ジーコ監督時代の)サッカー日本代表の試合で、ルームメートがケンカになっちゃって。そうしたら、隣の部屋だったユヅが、その場にいたんです、いつの間にか(笑い)。自分は傍聴席的な立場だったんですけど、ユヅは『うんうん』って言い分を聞いていて。放送時間とか内容とか。で、チャンネルが決まったと思ったら、スッと帰っちゃったんですよね(笑い)。何か面白いことするやつがいるな~って思いながら見てました」

田中との思い出については「方言、強かったですね」と冗談で振り返る。「岡山なので語尾に『けん』が付くんです。でも、刑事は週末に大阪で練習するようになったので、だんだん方言が弱まっていったことを覚えてますね。岡山弁と関西弁のミックスみたいな。(お笑いコンビ)千鳥さんみたいな感じというか」と笑ったことを思い出す。

一方で、氷の上に立てば競技成績は国内外でトップクラスだった。

【全日本ノービスB(6月30日時点で満9~10歳)】

▼04年 羽生(KSC泉)1位、日野(明治神宮外苑FSC)6位、田中(倉敷FSC)8位

▼05年 日野1位、羽生(勝山フィギュアクラブ)2位、田中3位

【全日本ノービスA(満11~12歳)】

▼06年 日野1位、田中2位、羽生3位

▼07年 羽生(宮城FSC)1位、田中2位、日野(武蔵野学院)3位

【全日本ジュニア】

▼08年 羽生1位、田中6位、日野不出場

▼09年 羽生1位、日野4位、田中6位

▼10年 日野(中京大中京高)3位、田中(岡山理大付高)9位

▼11年 日野1位、田中2位

▼12年 日野1位、田中3位

▼13年 田中(倉敷芸術科学大)1位、日野(中京大)3位

※羽生(東北高)は10-11年からシニア転向

世界でも、羽生が09-10年のジュニアグランプリ(GP)ファイナルと世界ジュニア選手権の2冠を成し遂げれば、田中は11年の世界ジュニアで2位。日野は12年のジュニアGPファイナル3位と、高名な同期トリオだった。

17年全日本選手権 男子フリーの演技をする日野

17年全日本選手権 男子フリーの演技をする日野

「ユヅが優勝したり、自分が勝ったり、刑事とは上と下を行ったり来たりしたり、まさに切磋琢磨(せっさたくま)していましたね。『負けないぞ』なんて、言葉にしなくたって伝わる。勝てば、負けたアイツらはめちゃくちゃ練習する。優勝の瞬間だけは素直にうれしいけど『やったー!』とはならなくて。もっと練習されちゃうから、もっと練習しなきゃ…なんですよ。ちょっとでも気を抜いたら負けるかも…と思うと、もう気が気じゃなかったです。全国大会から名古屋に帰っても、同期のことを想像したら怖かった(笑い)」

ほかにも多士済々。振付師や指導者に転じた仲間、アイスショーの世界に飛び込んだ同学年も多かった。

「自分のラスト2シーズンの振り付けをお願いした吉野晃平も同い年です。すごく、いい振り付けをしてくれます。ショートプログラム(SP)の『オルガン付き』と、フリーの『カルメン』『トゥルーマン・ショー』を手掛けてもらいました。刑事の(19-20年の)エキシビションも振り付けしているはずですよ。晃平は長光歌子先生のチームにいます。櫛田一樹君、三宅星南君も晃平の担当です」

「プリンスアイスワールドに行ったのは中島将貴、本田宏樹、小平渓介。あと多田野康太ですね。(日本赤十字社医療センターの)救急科の医師として働いています。名大の医学部から。すごいでしょう。特に男子がすごく多かった代なんですが、みんな本当にありがたい存在でした」

16年NHK杯 フォトセッションでポーズを決める前列左からシングルスの松田悠良、樋口新葉、宮原知子、羽生結弦、田中刑事、日野龍樹ら

16年NHK杯 フォトセッションでポーズを決める前列左からシングルスの松田悠良、樋口新葉、宮原知子、羽生結弦、田中刑事、日野龍樹ら

そのハイライトが5年前…16年のGPシリーズNHK杯(札幌)だった。シニアでは最初で最後の国際大会そろい踏みが実現した。

「けがした(山本)草太の代打だったので、複雑な気持ちもありながら。でもGPシリーズに初めて出られる喜びと、そこに同期2人もいるという感慨深さを覚えながら、遠征の準備をした覚えがありますね」

「日野選手、もっと来いや!」

結果は羽生1位、田中3位、日野9位。

「後で関係者に聞いたら『普段の国際大会と比べて、ユヅは穏やかな感じだったよ』と。やっぱそうだよな、と思いました。もちろん集中するところはしてたと思うんですけど、ユヅって毎回こんなに試合では穏やかなのかなって。ホテルから会場へのバスとか、もっと試合にガッと入り込むかと思ったら、ニコニコ話しかけてきたり。『いつもは、もっとガッと入ってるよ』とも聞きました。すごい笑顔で向こうから歩いてきた時があって、僕は照れくさくて『何だよ!』って言ったら『単純にうれしいだけ』って。ホント『何だよ!』です(笑い)」

16年NHK杯 男子SPで演技を終えた日野龍樹

16年NHK杯 男子SPで演技を終えた日野龍樹

羽生も当時、田中の3位に「心からうれしいです」と言い、9位の日野に対しては「日野選手『もっと来いや!』とも思ってます。純粋に楽しかったです」などと同期について話していた。ホテルの部屋でも話は尽きなかった。

「ユヅは一足先にシニアに上がっちゃったし(12年から拠点を移して)カナダに行っちゃったし、なかなか会えなくて。刑事とは西日本(選手権)とか全日本では会ってましたけど、そろうことは本当になかった。あ、テレビのチャンネル争いはしてないですよ(笑い)。久々に会ったので、そりゃ部屋に集まったらテレビを見るより語り合いたいじゃないですか。同期3人で『それぞれ頑張ってるよね』って意思疎通できた。9歳だった野辺山から比べれば、あの札幌は21、22歳ですか。ワーワー盛り上がるというより、もう大人なので落ち着いた話を。カナダの練習環境のこととか聞いたり、いろいろ話しましたかね。思い出深いです」

その“同期会”の中で覚えている言葉がある。

「一緒に五輪、行こう」

約束は果たせなかった。全日本は16年の4位が最高。平昌五輪の代表最終選考会を兼ねた、そのNHK杯の翌17年の全日本は7位だった。

「そう言ってくれたことに対して、本当に申し訳なかったですね。もちろん五輪に出たかった。でも、シニアに上がってからは、いろいろ難しかったです。精いっぱいやりましたけど、そういうものだったんだなと。悔しいけど悔いはない。同じ『悔』の漢字ですけど、そんな感じです」

ただ、現役にこだわる動機を与えてくれた。反骨心を胸に宿してくれた。同期を追いかけたから、スケート靴に、踏み切りに力を込めることができた。

20年12月26日、男子フリーを全うした日野は引退を表明した。

「同期の存在が力になりました」

事後報告にはなったが、2人にも伝えた。

「刑事の耳には大会中に届いたみたいで、全日本の会場で言いました。ユヅには後で連絡しました。まあ実際は長文なんですけど、ざっくり言うと『先にやめてしまうけど、これからも頑張ってね』と送って『今までありがとう。本当にお疲れさま』と返してくれました。(1月の)最後の冬季国体では、同期から色紙の寄せ書きをもらったんです。ユヅからは『あのころから変わってないね』みたいなことを。この先、ユヅと刑事がいつまで続けるのか分からないですけど、これだけは言えます。みんな一緒だったから、ここまでやってこられたんじゃないかなって」

再び、五輪シーズン。羽生は3連覇がかかる北京大会を目指すか明言していない。田中は2大会連続の出場を狙っている。その中で今月22日の公式練習から、また4年に1度の全日本選手権(さいたまスーパーアリーナ)が始まる。

「『頑張れ』とは、もう何千人、何万人に言われていると思うし、言われるまでもなく頑張っているので。あえて自分からエールとか伝える必要はないのかなと。ユヅが全日本に出るとして、刑事もいて(宇野)昌磨君や(鍵山)優真君がいて、草太がいて、友野一希君がいて、佐藤駿君がいて…。いったい何人で北京の3枠を争うのか。純粋に面白そう。チケット…取れないですよね(笑い)」

この日27歳の誕生日を迎えた羽生へ。

「おめでとう! これからも応援してるよ!」

そして、目指す前人未到のクワッドアクセル(4回転半)成功を信じた。

「ユヅなら跳べるんじゃないですか。相当、余裕で3A(トリプルアクセル=3回転半)を決めてますから。僕も3回転半にはこだわってきましたけど、異次元。未知の世界ですが、やっぱ思っちゃいますよね。『ユヅならできる!』って」

13年GPファイナル福岡大会 公式記者会見でポーズを決める左から日野龍樹、田中刑事、浅田真央、町田樹、羽生結弦、織田信成

13年GPファイナル福岡大会 公式記者会見でポーズを決める左から日野龍樹、田中刑事、浅田真央、町田樹、羽生結弦、織田信成