前人未到の南極「白瀬ルート」に挑む 「植村直己賞」受賞の冒険家・阿部雅龍の生きざま

4月22日に発表された2021年の「植村直己冒険賞」に、冒険家の阿部雅龍さん(39)が選ばれた。困難に立ち向かい続けて生きる冒険家の思い、生きざまに迫る。

ストーリーズ

首藤正徳

◆阿部雅龍(あべ・まさたつ)1982年(昭57)12月29日、秋田市生まれ。秋田中央高-秋田大。大学在学中から冒険活動を開始。冒険家・大場満郎氏に師事。すべて人力単独行。290日かけて1万924キロを走破した06年の南米大陸単独自転車縦断を皮切りに、カナダ北極圏単独徒歩500キロ、グリーンランド北極圏単独徒歩750キロなどを達成。19年に日本人初踏破となる918キロに及ぶメスナールート南極点単独徒歩到達を達成した。東京・板橋区在住。

109年ぶり南極「白瀬ルート」

「植村直己冒険賞」に選ばれた阿部さんは、昨年11月から前人未到の「白瀬ルート」による約1300キロに及ぶ南極点単独徒歩到達に挑戦した。

今年1月にコロナ禍の影響による活動期間短縮や天候の悪化などにより約780キロ地点で断念したが、最難関ルートで夢に挑む勇気と行動力が評価された。11月には中断地点から再挑戦を表明している。

「白瀬ルート」は1912年(明45)に軍人で探検家の白瀬矗(しらせ・のぶ)を隊長とする探検隊が、南極点を目指したルート。

4000メートル級の南極横断山脈が立ちはだかり、クレバス(雪の裂け目)が点在する。白瀬隊は南極の「大和雪原」と命名した一帯で前進を断念した。

昨年11月、阿部さんは109年ぶりに、「大和雪原」を起点に、1300キロに及ぶルートで南極点を目指した。

阿部 「同じ秋田出身の白瀬隊の見果てぬ夢を追っての南極点到達は、冒険を志した頃からの夢でした。19年にメスナールートで南極点に到達していますが、過去の遠征で達成しても感動して泣いたことはありません。そこは常に通過点だったから」

18年に及ぶ冒険人生の集大成ともいえる夢の実現へ、支援者らから1億円近い資金も集まった。

初めての途中撤退に涙

しかし、挑戦は想定外の悪条件が重なった。

コロナ禍で飛行機の出発が遅れるなど、活動期間が予定より約20日も短縮された。

巨大なクレバス帯を迂回(うかい)するため、約100キロも距離が伸びた。

そこに悪天候が続いた。それでも、毎日12時間、約150キロのソリを引き続けた。

阿部 「コロナの影響で南極のベースキャンプの開設が1週間以上遅れたのが非常に大きかった。雪が思った以上に軟らかくて、頑張っても、頑張っても距離が稼げず、体力的にも精神的にも苦しめられた」

最難関ルートが牙をむき、悪条件が重なった。

今年1月11日、54日間で780キロ進んだところで中断を決めた。南極が冬季に入るため、迎えの航空機の終了期間が迫ったためだ。

冒険人生で初めての途中撤退だった。

南極を出る飛行機の中では涙が止まらなかったという。

「人生最大の失敗」と本人も断言する。しかし、それでもくじけないのが冒険家の真骨頂。

阿部 「20年近く目指してきた挑戦を撤退するのは本当に辛く、苦しかった。非常に厳しい遠征でした。でもやっぱり自分がやっていることが、自分は好きなんだと再確認しました。また、ここに戻ってきたいと強く思いました。それは、新たな発見でもありました」

南極大陸の白瀬氷河

南極大陸の白瀬氷河

雅龍ではなく、蛇龍だな

秋田市の農家に生まれた。子どもの頃は体も弱く、運動音痴で人と話すのも苦手。小学生の頃に班をつくると1人だけ余るタイプ。体もひょろひょろで同級生には「雅龍ではなく、蛇龍だな」と言われていたという。

10歳の時、母が買ってくれたコロンブスやマゼランなどの探検家や冒険家の伝記に興味を持った。特に同じ秋田県出身の白瀬矗にひかれた。

阿部 「自分が弱かっただけに、探検隊の姿がとてもまぶしく見えました。それでも自分でやる勇気はなくて、何となく秋田大に入り、そして就職活動。やりたい仕事もなく、悩みました。そんな時、第4回(99年)の植村直己冒険賞を受賞した大場満郎さん(史上初めて北極海と南極大陸を徒歩で単独横断)の言葉に出会ったのです。『笑って死ねる人生がいい』。ショックを受けました。大場さんのようになりたいと思い、大学を休学して大場さんの冒険学校のスタッフとして手伝いに行きました」

背中を押したのが、4歳の時に交通事故で29歳で他界した父のことだった。

阿部さんにとって最初の記憶が、父の葬儀だった。だから、記憶に深く刻み込まれていた。

阿部 「人は平等に、そして時に理不尽に、必ず死ぬ。ならば夢に挑戦し続けて、笑って死ねるような人生を送りたいと思いました」

05~06年には大学を休学してアルバイトで資金をためて、自転車で300日近くかけて南米大陸を単独で縦断。その後は就職せずに冒険家の道をまい進した。

10年には北米ロッキー山脈4200キロ縦走、12年には南米アマゾン川2000キロ単独いかだ下りと、次々と挑戦を達成させて実績を重ねた。

ふだんの生活もすべて冒険の糧にした。

阿部 「トレーニングを兼ねて浅草で人力車を引くバイトを始めました。夜は旅行者が格安で宿泊できるゲストハウスで、住み込みの宿直をしていたので無料で旅館に住んでいました。ゲストの残したパンを食べるなどしてお金をためて、冒険遠征へ出ていました」

浅草を走る人力車(資料)

浅草を走る人力車(資料)

人力車は1人乗せると150キロ近くになる。そりを引いて雪上を歩くトレーニングにもなった。

17年にはその人力車を引いて、鹿児島から秋田まで全国の神社を参拝しながら約6400キロを走破した。少しずつ名前が知られるようになり、支援者も増えはじめた。

阿部 「30代からは南極を志し、スポンサーもつきはじめて、多くの人に支えられて冒険を続けています。僕は探検部や山岳部の出身ではないし、人から向いていないと言われてきました。自分も自信がなかった。それでも強い思いで一生懸命努力していけば、いろんなことが実現していくし、応援してくれる人も現れる。トライしてみなければ何も分からないことです」

「踏み出してよかったと思える生き方の方が幸せ」

20年に及ぶ冒険人生で、死に直面するような危険な目に何度も遭遇した。

北極ではシロクマにテントを襲われた。アマゾン川いかだ下りでは熱病のマラリアにかかった。ペルーでは強盗団に囲まれたという。

その経験もプラス思考でとらえている。

阿部 「もう死ぬかもと思ったことは何度もあります。でもあきらめたら、そこで終わってしまう。だから、どんな大変な状況でも自分は大丈夫、何とかする方法があると考えるようにしています。それから、危険なことを経験すると、ふだんの生活がいかに幸せか、仲間や家族の大切さが本当に分かります。そこは冒険家として活動していてよかったところだと思います」

生産性や効率化が重視される時代。多くの人は無駄なことを避け、失敗やリスクを恐れて、なかなか大きな夢にチャレンジしない。

一歩踏み出す勇気がない子どもたちに、阿部さんはこんなメッセージを送る。

阿部 「その時には自分自身の気持ちに立ち返ってほしい。人生は自分のもので、すべての人は自分が主役なんです。だから、怖いけど自分のために一歩踏み出してください。あとから振り返って、その時の自分を誇れる、踏み出してよかったと思える生き方の方が幸せだと思う」

11月には中断地点から南極点を目指して、人類未踏破の白瀬ルートに再チャレンジする。

ルート上には再び4000メートル級の南極横断山脈が立ちふさがる。

阿部 「失敗は人生にあっていい。一生懸命やってもうまくいかないこともある。でも、そこから立ち上がって動くことが大事なんだと思う。失敗は怖いけど、そこから学ぶことがある。失敗から立ち直って、そこから達成して夢をかなえる方がすてきじゃないですか。再び夢に挑戦して、かなえていく姿を見せたい。自分の夢でやっていることですから、辛さも楽しむ気持ちで、南極の景色を皆さんにお見せしたいと思います」

無事に南極点に到着して、夢を達成したら、冒険家として次はどこを目指すのだろうか。

阿部 「分からない。もちろん、もっとやりたい冒険もあるけど、それは南極点に着いてみないと分からないです。その時にどんな気持ちになるか。20年間、この夢を目指してきて、そこにたどり着いた時、自分がどう感じるか。何をしたいと思うのか。その気持ちを知りたい。それは、その時にならなければわからない。だから、行くんです」

78年、極地探検時の服装を披露する植村直己

78年、極地探検時の服装を披露する植村直己

「植村直己冒険賞」選考委員の関野吉晴氏(武蔵野美術大・名誉教授) 「白瀬ルートをたどりたいという熱意と行動力を評価したい。何よりも白瀬ルートは未知のルートで4500メートル級の南極横断山脈、数多くのクレバスを越えなければならない。とても厳しいルートに挑んでいる。単独での南極横断山脈越えは世界初です。綿密な計画と準備。夢の実現に向かってチャレンジする勇気。逆境を力に変えて進んでいく姿と行動力は植村直己さんの生き方に通じるものがある。そういうプロセスで今後の成果も期待してこの賞を贈りたい」

◆植村直己冒険賞 世界的な冒険家の故植村直己氏の精神を継承し、極地、山岳、海洋、空等の自然を対象とし、人々に夢と希望と勇気を与える創造的な行動(業績)を表彰する。受賞者は毎年個人または団体とし、メダルと副賞100万円が贈呈される。1996年の第1回の受賞者はミャンマー最高峰のカカボラジに初登頂した尾崎隆氏。植村氏の出身地である兵庫県豊岡市が主催。