【23回忌の「最強」を語る】ジャンボ鶴田には貪欲さも闘志もなかった/和田京平レフェリー

全日本プロレスで活躍したジャンボ鶴田さんの「23回忌追善興行」が31日、東京・後楽園ホールで開催される。00年5月に肝臓移植の手術中に49歳で亡くなった。数々の記録に加え、リング上での余裕の姿勢で「完全無欠のエース」と称された。数々の名勝負をさばいてきたレフェリーの和田京平(67)は、「ジャンボのプロレスは『ジャンボ』というジャンルだった」と振り返る。

バトル

勝部晃多

ジャンボ鶴田(つるた) 本名鶴田友美。1951年(昭26)3月25日、山梨県生まれ。中大在学中にレスリング選手になり、72年にグレコローマンスタイルでミュンヘン五輪に出場。同年、ジャイアント馬場さんの勧誘で全日本入り。日本人初のAWA世界ヘビー級王座獲得などエースとして活躍した。のち筑波大大学院でコーチ学を学び、99年、ポートランド大客員教授。同年5月にプロレスラー引退を表明。00年5月、フィリピンでの肝移植手術中に大量出血し、49歳で死去した。全盛期の身長体重は、196センチ、127キロ。

03年和田京平レフェリー

03年和田京平レフェリー

和田京平(わだ・きょうへい) 1954年(昭29)11月20日生まれ、東京都足立区出身。72年に全日本に入団。ジョー樋口、マシオ駒に師事し、74年にレフェリーデビュー。ジャイアント馬場さんの付け人を10年務めたこともある。11年6月に、当時の武藤敬司社長を批判して全日本を退団。13年7月に、名誉レフェリーとして復帰した。

ジャンボ鶴田(中央)は首投げで天龍源一郎を投げ飛ばす。右はその様子を見つめるジャイアント馬場=1976年

ジャンボ鶴田(中央)は首投げで天龍源一郎を投げ飛ばす。右はその様子を見つめるジャイアント馬場=1976年

――ジャンボ鶴田さんとは

和田京平 プロレスラーの中で誰が1番強いですか?」って聞かれると、今でもやっぱり最初に思い浮かぶのがジャンボ。あんなにのほほんとした人がなんで強いのか、自分でも首をかしげてしまうところがあるんだけど、やっぱりジャンボ以外には思い浮かばないんだよ。

――その強さとは

和田 ジャンボにはプロレスや格闘技とはまた違った「ジャンボ鶴田」というジャンルがあった。体の大きさやプロレスへの考え方が、ほかのレスラーとは全く違ったんだ。まず、体の大きさはプロレスにおいては最も大事なこと。そういう意味では、ジャンボは恵まれた体に恵まれた素質を持っていた。日本人の体格では見上げるような外国人と並んでも、全く見劣りすることがない。むしろ相手を見下ろすんだ。これだけで、当時の外国人からしても戦う意義になった。「日本人なんてなんだよ」ってどこかばかにしていた外国人に、そう言わせなかったのがジャンボだったんだ。あの大きさがあれば、チャンピオンであるのが当たり前なんだから。

――体が大きい選手はほかにもいる

和田 確かに、今の全日本のレスラーでもジャンボと同じくらいの身長のレスラーはいる。彼らは大きいけど、なぜかジャンボに比べるとそれほど大きいとは感じないんだよね。それは、やっぱり考え方の部分の違いが表れているのかな。ジャンボはいつも「俺には(プロレス以外にも)違う道があるんだよ」って考えながらプロレスをしていた。その余裕というか懐の大きさというのが、リング上でも表れていた。なにしろ、プロレスのことよりも自分のことを考えていたのがジャンボだったから。

――どのような考え方だったのか

和田 誤解を恐れずにいうと、ジャンボはプロレスをただの「仕事」としてやっていた。貪欲さも闘志もなかった。だから強かったんだよ。

全日本横浜大会 ジャンボ鶴田(左)に延髄斬りを見舞う天龍源一郎=1990年4月19日

全日本横浜大会 ジャンボ鶴田(左)に延髄斬りを見舞う天龍源一郎=1990年4月19日

――貪欲さや闘志がないのは欠点に思えるが

和田 そうだよね。馬場さんも「俺の教え方が悪かったのかな」って愚痴をこぼしているところを何度も見ましたよ。天龍さんも、いつも「このやろう! 本気でやれ」って怒っていたよね。でも、ジャンボは決して根性論ではなく、その時代から誰よりも計画的に、効率的にプロレスをやっていたんだ。考え抜かれた練習の仕方をする。例えば、後輩から「もう20分やりましょうよ」って言われても、「リングに上がったら疲れちゃうから」って断っていた。ほかの人だと、「もう20分やろうか」「もう1時間やろうか」って体の限界まで練習しちゃうから、リングに上がったときには疲れが残ったままなんだ。でも、ジャンボはそうはしなかった。だから、その分強さがダイレクトに見えた。

もちろん、手を抜いているわけじゃない。控室の中で人知れず練習はしていたけど、どこまでやればどうなるという自身の限界を理解していたんだよ。また、昔のレスラーは夜は酒を飲みに行っていたけど、ジャンボはそういうのはまったく行かない。どんちゃん騒ぎして次の日は二日酔い、そういう姿を1度も見たことがなかったな。

――信念があった

和田 練習だけではなく試合に対してもそうだった。「今日で終わりじゃない。明日もあるんだよ」と、常に先のことを考えて戦っていた。試合では、全出力ではなくて7割程度しか出さない。長州さんや天龍さんたちが、戦い終わってへとへとになって帰ってくるのに対し、60分間を戦っても平然とした顔だったのがジャンボだった。

全日本横浜大会 天龍源一郎(左)に強烈なエルボーを見舞うジャンボ鶴田=1990年4月19日

全日本横浜大会 天龍源一郎(左)に強烈なエルボーを見舞うジャンボ鶴田=1990年4月19日

――力配分にたけていた

和田 俺から言わせれば、フルパワーで戦ってはいけないのがプロレス。選手権の時や、ここぞの場面で見せるフルパワーが、観客を楽しませるんだよね。それが「ジャンボはやっぱり強いな」と気づかせるんだ。俺もそういう風に見ていた。天龍さんやほかの選手は常にフルパワーだったから、プロレスラーとしての寿命を縮めたと思う。ジャンボは、身体自体はなんてことなかったからね。だから、ジャンボの名前は今でも指導するときに挙がる。今の若い子たちを見ると、毎日が選手権試合みたいな試合をするでしょ? でも俺から言わせると、それは決していいことではない。よくアドバイスをするんだよ。比べるのは失礼かもしれないけど、「ジャンボを見習えよ」ってね。

――コントラストがより「強さ」を引き立てた

和田 ジャンボは、いつでもバックドロップを出せたんだよ。でも、ジャンボがいきなりバックドロップで3カウントをとってもお客さんは面白くない。お客さんに失礼だから、最後の最後まで残して、渾身(こんしん)のバックドロップですよ。お客さんも「15分見られてよかった」「やっぱりジャンボは強かったんだ」って印象に残る。数カ月に1回試合をする格闘技とは違うんだ。それが、ジャンボのプロレス観だったね。

――87年10月、日本武道館での鶴龍対決第2戦。天龍に危険な角度からパワーボムを決められた鶴田さんが、激怒。鶴田さんの一方的な攻撃を止めに入った和田レフェリーが、ボディースラムで投げ飛ばされる一幕があった

和田 そうだね。あんなジャンボを見たのは初めてだった。たまにやるからいいんだよね。インパクトもあるし、今でも語り継がれる試合になった。あれをずっと続けていたら、もたなかったんだろうね。「いやー、ごめんごめん。悪かったね」って、次の日からは元のジャンボだったよ。

全日本武道館大会 場外で天龍源一郎(左)を抱えあげるジャンボ鶴田(1987年10月6日)

全日本武道館大会 場外で天龍源一郎(左)を抱えあげるジャンボ鶴田(1987年10月6日)

――最も印象に残っている試合は

和田 やっぱり天龍さんとの試合。横浜にしても武道館にしても「これがメインイベントか」と思い知らされたね。特に、武道館で初めてメインイベントのレフェリーとして裁いた試合は、足が震えたよ。「これが武道館なんだ」と思ったね。でも、リングコールの前にじっとにらみ付けているジャンボと天龍さんを見た時に、彼らも緊張しているのがわかった。「このジャンボも緊張しているんだ」って思ったら、なんだか落ち着いたんだよね。それが今でも強く印象に残っている。「ああ、ジャンボも人間だったんだ」ってね。