速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > バトルTOP > 03−04 5大バトル > 03−04 5大バトルニュース

click here!
バトルTOP
リアルタイム速報
試合結果
興行日程
団体住所
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
バトルタイトル バトルタイトル
  Dynamite!!    [1月1日付本紙より]
●全試合結果&戦評 

中邑屈辱…ヒザ蹴りに沈む

 新日本のIWGP王者中邑真輔(23)が「毒針」に倒れた。3回1分19秒、イグナショフの必殺左ひざ蹴りでダウン。即座に立ち上がったが、平レフェリーが試合を止めた。2回にも右ひざ蹴りを食らい、端正なマスクは青黒く腫れ上がっていた。

 試合開始からひざ蹴り対策の高速タックルでテークダウンを奪った。グラウンドでは、常に上に乗って攻め続けたが決め手を欠いた。さらに反則の4点ポジション(四つんばいの状態)で後頭部の蹴りを浴びて、ペースが狂った。倒れるたびにはい上がるプロレスラーの魂が認められなかったことが最大の誤算。「負けたと思っていない。この言葉に何の後ろめたさもない」といら立ちを隠そうとしなかった。

 会見に同席した新日本の上井執行役員も「(グラウンドでの)ブーイクが早すぎる。反則もすぐレッドカードを出すべきだった」と怒り、谷川イベントプロデューサーに直接抗議した。同プロデューサーは「中邑選手がかけていた思いも理解できる。もう1度検証し、数日後に結論を出したい」と保留。後味の悪さが残った。

写真=イグナショフにタックルを仕掛けようとし顔面にヒザ蹴りを受ける中邑(左)(撮影・柴田隆二)

イグナショフ「レフェリーは正しい」

 イグナショフの話 満足できた。中邑が再戦希望? 止めないけど、はっきり言って彼は強くない。レフェリーストップしなければ、もっとひどいことになっていた。判断は正しかった。


五輪あきらめた男が五輪金破る

 03年8月のレスリング世界選手権フリー96キロ級代表の中尾が、強敵を撃破してK−1デビュー戦を飾った。2回開始早々、92年バルセロナ五輪柔道95キロ超級金メダリストのハハレイシビリをタックルで倒し、馬乗りになってパンチを連打。その直後にハハレイシビリがタップした。アテネ五輪出場の選択肢もあったが、今月初めにK−1と契約。「勝負するには今しかない」と五輪の夢を捨ててプロ格闘家の道を選択した。「最高の緊張感を味わえた。知らない間に試合が終わっていた」と、試合後も興奮を抑えられないようだった。


ヒクソン参戦か

 ヒクソン・グレイシーが今年、リングに上がることを約束した。「Dynamite!!」のリングでファンに明言した。「来年に試合ができるよう、体づくりはできている。良い試合を見せたい」と誓った。曙−サップ戦については「(サップは)曙より調整時間が長かったから勝利できたのだろう。曙は根性は申し分ないが(練習する)時間がなかった」と分析した。


貴、古賀、畑山…豪華ゲスト

 大みそかの大イベントを彩るように、テレビ放送席にも豪華な顔触れがそろった。大相撲の元横綱貴乃花親方を筆頭に、バルセロナ五輪柔道の金メダリスト古賀稔彦氏、プロボクシングの元WBA世界王者畑山隆則氏、さらにK−1中量級世界王者の魔裟斗と、いずれも各種目の頂点を極めた実力者。畑山氏はサップ対曙の大一番に「規格外の2人が戦うんだから、秒殺もある」と試合前から興奮ぎみだった。


 ◆Dynamite 今回が2回目で、第1回は02年8月28日、TBS主催、DSE運営、K−1協力で史上最大の格闘技イベントとして国立競技場で開催された。PRIDEルール5試合、K−1ルール2試合、ジャケットマッチ特別(吉田−ホイス)ルール1試合の計8試合。サップはノゲイラの腕ひしぎ逆十字固めで沈められた。メーンの桜庭はクロコップに敗れ、プロデビュー戦の吉田はホイスにレフェリーストップで勝ったが、ホイス側が抗議して遺恨を残した。9万1107人の観衆を集めた。


3会場とも満員ならず

 大みそかの3大格闘技大会は、どこも健闘したが、超満員発表とはならなかった。Dynamite!!は4万3560人。名古屋地区は集客力の弱い地域だけに健闘の数字だ。だが、3階席は全面空席など、近年の6、7万人動員するK−1GP決勝戦には及ばなかった。

 猪木祭は両サイドに空席があったが、収容人数の多い会場でもあり4万3111人集まった。当日に雨が降り、前日までカードの決まらないことを考慮すれば上出来だった。3万9716人と昨年を上回ったPRIDEだが、会場を埋めきれなかった。

 カード発表の遅延と、3大会同時開催による一流選手分散がなければ、空前の盛り上がりとなったかもしれない。だが、今回の成否を決めるのはテレビ3局の視聴率。結果は2日に発表される。

 関連記事
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  (C)2004,Nikkan Sports News.
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ