速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > バトルTOP > 03−04 5大バトル > 03−04 5大バトルニュース

click here!
バトルTOP
リアルタイム速報
試合結果
興行日程
団体住所
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
バトルタイトル バトルタイトル
  PRIDE男祭り    [1月1日付本紙より]
●全試合結果&戦評 

吉田、完敗に等しいドロー

<PRIDE 男祭り>◇03年12月31日◇さいたまスーパーアリーナ◇観衆3万9716人

 吉田秀彦(34=吉田道場)が「完敗」した。デビュー戦の相手ホイス・グレイシー(37=ブラジル)との再戦は、10分2回の時間切れ引き分け。判定なしのルールに救われたものの、内容では圧倒された。得意の寝技で逆に追い込まれるなど、プロ転向後最大の屈辱を味わった。

 築き上げてきた誇りと結果を、打ち砕かれた。試合終了直後、仲間に肩車された笑顔のホイスとは対照的に、うつむきながら首を振り、立ち上がることさえできなかった。純白の柔道着は鮮血で染まっていた。完全決着をつけるはずの試合で受けた屈辱。結果は引き分けだったが、両者もセコンド陣もファンも、誰が勝者かは分かっていた。

 得意の寝技でやられた。プロ転向後4連勝は、すべて寝技で挙げた。11月に判定負けしたシウバ戦も、グラウンドでは仕留める直前まで追い詰めた。柔道五輪金メダリストの真骨頂は紛れもなく寝技。それだけにこの試合はショックだ。

 1回、2回とも同じ展開だった。優勢に進めたつもりが、寝技の攻防でいつの間にかマウントポジションを取られ、最後は背後を取られた。2度も裸絞めを決められそうになるピンチ。何とか耐えるのがやっとの状態で、ただラウンド終了のゴングに救われるのを待つしかなかった。ホイスが道着の上を脱いできたのが予想外だったとはいえ、かつてない苦戦だった。

 左目を腫らして言った。「シウバ戦以降、練習不足だった。モチベーションが上がらなかった」。11月の激闘の反動は、精神面にも大きく影響していた。燃え尽きた心は戻らなかった。再戦はという質問にも「今度はきちんと調整したい」と話すのがやっとだった。

 受けた屈辱は、あまりにも大きい。悔しさは、時間がたつほどに募るはずだ。「情けない試合をして申し訳ない」と頭をたれた。しかし、この気持ちこそがプロのあかし。2年目の03年は、黒星とともに成長の跡もしっかり残した。シウバ戦では苦手な打撃戦でも堂々打ち合った。進化の余地は、まだまだある。

 しばらくは眠りに入る。しかし、自らの闘志を抑えられなくなるときが、きっとくるはずだ。そのときこそ、吉田秀彦の全戦闘能力が開花する。【瀬津真也】

写真=ホイスに終始攻められ顔をゆがめる吉田(撮影・鹿野芳博)


脱いで「勝った」ホイスは笑み

 ホイスは勝ち誇って言った。「結果は見れば分かるだろう。1年半抱えていた不満がようやく消えた」と満面の笑みをこぼした。02年8月の吉田のデビュー戦、レフェリーには試合を止められたが「ギブアップしていない」と抗議した。結果こそドローだったが、内容的には吉田を圧倒していた。道着を脱いだのは戦術的な理由から。下から吉田の足を取り、寝技に引き込むつもりだった。最初から自信があった。

写真=ガッツポーズを決めるホイス(右)の横で肩を落とす吉田


 関連記事
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  (C)2004,Nikkan Sports News.
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ