nikkansports.com >  芸能TOP >  nikkan the CINEMA >  千歳香奈子の「ハリウッド直送便」  
nikkansports.comカット
nikkan the CINEMA TOPページへ
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
相原斎コラム 千歳香奈子コラム 担当記者映画評 舞台あいさつ 週末公開シネマ 映画&DVDランク にっかん試写会
ページトップへ
千歳香奈子の「ハリウッド直送便」
    2005/04/26 バックナンバーへ

今年のベストボディーは?

 夏を前に米スター誌上で、「ベスト&ワースト ビーチボディー」特集が行われました。今年で2回目のこの企画。セレブのビーチでの水着ショットを掲載し、ランク付けするというものです。今年のベストボディーに輝いたのは誰でしょう。

 女性部門の1位は、ライオネル・リッチーの娘二コール・リッチー。一時のちょっとふっくらしたボディーをダイエットで見事に復活させ、栄えある1位に輝きました。もっともホットなボディーの持ち主は、ペネロペ・クルス。ブルーのビキニ姿のペネロペは30歳とは思えない完ぺきなボディーです。その他では、テニスプレーヤーのアナ・クルニコワやパリス・ヒルトン、エリザベス・ハーレイ、セリーヌ・ディオンらが「ベスト ビーチボディー」に選ばれています。

 男性部門の1位はやっぱりこの人。離婚しても変わらずかっこいいままのブラピです。昨年主演した「トロイ」で鍛えた肉体は健在で、41歳にしてなお女性の目を釘付けにしているのはさすがです。ヒュー・ジャックマンや若手からはジャスティン・ティンバーレイク、ライアン・フィリップらがランクインしています。

 面白いのは「予想外のホットボディー」という部門があること。甘いマスクだけでなく以外にも鍛えたナイスなボディーの持ち主だったことでヒュー・グラントが、またエイドリアン・ブロディーはアカデミー賞に輝いた「戦場のピアニスト」ではガリガリだったが、新作「キング・コング」の撮影でナイスボディーを披露しているとして共に選出されています。

 ワースト部門は、タプタプのお腹を見せているのがジャック・ブラック、ウィリアム・シャトナーの両名です。若い妻キャサリン・ゼタジョーンズのために整形手術を受けたと噂されているマイケル・ダグラスも60歳という年齢のせいか、腰まわりのお肉がいささか気になる感じです。

 一方、ずんぐりむっくりの体系ながら「キュート」と称されたのはアダム・サンドラー。ガリガリでワーストボディーに輝いたのはスティーブン・タイラー。全身毛むくじゃらでワーストボディーに輝いたのはスティーブ・マーティンでした。

 以上が結果ですが、なんかちょっと物足りないように感じるのですが、どうでしょう? タブロイド誌には年間を通じてセレブの水着ショットが満載で、それらを目にする機会が多いので、ここは私の個人的な見解による「ベスト&ワースト ビーチボディー」を発表しちゃいましょう。

 そろって来日したばかりのペネロペと恋人のマシュー・マコノヒーのカップルが、ベストボディーで決まり!!

 マコノヒーの腹筋と胸板はかなりすごいですよ。ペネロペがトム・クルーズから乗り換えたのも納得できるほど、とてもセクシーなのです。「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」のラストで、2人の水着ショットがあるのでぜひチェックしてみて下さい。

 ワーストボディーは、このところビキニ姿をたて続けにパパラッチされているブリトニー・スピアーズ。最近の写真で二段腹(後に妊娠していたことが発覚したので、あのお腹は妊娠のせいかもしれないけど)を堂々と披露していて、びっくりさせられました。妊娠発覚前の今年1月にサンタバーバラのホテルのプールで撮影された写真のお腹もかなりやばかったです。全盛期のあのキュートなブリトニーは何処へ行ってしまったのでしょうか…。

(このコラムの更新は毎週火曜日です)

【千歳香奈子】

プロフィル
千歳香奈子 ◆千歳香奈子(ちとせ・かなこ)
 1972年3月29日 札幌生まれ。92年に渡米しシアトル大学付属語学学校に入学。93年サンタモニカ大学に入学し、写真を専攻。95年に同大学を卒業後、ロサンゼルスでテレビのコーディネーターなどを経験。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月から、ロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。独身。
前のページへ戻る このページの先頭へ
 広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。  
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。    
nikkansports.com >  芸能TOP >  nikkan the CINEMA >  千歳香奈子の「ハリウッド直送便」