nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 芸能TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
芸能TOP
音楽ダウンロード
シネマ
占い−0学占星術
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
芸能タイトル  

広末涼子が今春、実在女性2人を演じる

 女優広末涼子(25)が今春、厳しい現実と向き合った実在女性2人を演じる。里親制度を真正面から描くフジテレビのドラマ「生きてもいい…? 〜ひまわりの咲く家で〜」(3月3日放送)が制作され、主演を務めることが7日、分かった。里子(さとご)の苦悩を抱えながら育ち、里親が裁判を起こす事態まで経験した女性を演じる。テレビドラマのヘアメークとして活躍する野口美香さん(34)の半生を題材にしている。

 広末は収録中のテレビ朝日「愛と死をみつめて」(3月放送)で、難病と闘い21歳の若さで亡くなった大島みち子さん役に挑戦。けなげに生きながら重い苦悩を抱えた実在女性を続けて演じている。

 広末演じる野口さんは、生後4カ月で両親を離れ、施設を転々とした後、9歳の時に里子として預けられた。大人たちの意思で居場所を決められ、違和感を抱えたままの青春時代。大人に対する不信感、里親との確執、家庭内暴力、自殺未遂を経験しながら成長した。ドラマ前半の少女時代は子役と福田沙紀(15)が演じる。広末は冒頭と、里親との和解などクライマックスを含む後半に登場。ナレーションも務め、里子の苦悩も代弁する。

 2年前に出産を経験。命の重みを知った。復帰後は実在女性の生きざまを描くヒューマンドラマの出演機会が増えた。「心に響く話でした。素直にまっすぐに演じて彼女の思いを伝えられればと思います」と話している。また「生きていればきっといいことがある。分かり合えるチャンスがある。私自身、教えられることのたくさんある作品です」と、1人の女性として成長する機会としても受け止めている。

[2006/2/8/07:52 紙面から]


【関連情報】
最新映画の予告編公開中!シネマページへ
いつでもどこでも芸能ニュース!
日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式
日刊スポーツバックナンバーの申込みはこちら
携帯で映像NEWS!「朝日モバイルステーション」

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【早川愛〜アクセサリー日記】山田由奈と☆ [08日20:07]
  • 【黛まどか】2/11(土・祝) ラジオウォーク [08日18:54]
  • 【はあちゅうのみーはー主義。】スポーツ博士になる! [02日10:20]


  • click here!


    ニッカン芸能!への簡単アクセス方法

    ケータイで芸能情報!
    QRコード
    i-mode、Ezweb、Vodafone live!に対応
    詳しくはこちら
    携帯にURLを送信:
    ※上記の入力フォームにメールアドレスをご入力ください。
    ※ドメイン指定受信を設定されている方は「nikkansports.co.jp」を受信可能に設定してください。
    前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.