nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 芸能TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
芸能TOP
音楽ダウンロード
シネマ
占い−0学占星術
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
芸能タイトル  

小泉首相検討指示、NHKチャンネル削減

 小泉純一郎首相(64)は1日、首相官邸で竹中平蔵総務相(54)にNHKのチャンネル数削減を検討するよう指示したことを明らかにした。NHKの国際放送強化に関連し「NHKは局数が多すぎる。海外への発信を重視するなら、今までの部分を縮小しなければならない」と述べた。NHK改革は、竹中氏の私的懇談会で議論され、ラジオも含め8つあるチャンネル数の削減などが検討課題になっており、首相指示は大きな影響を与えそうだ。

 首相は竹中氏に対し「日本がどういう国なのか発信することは重要」と国際放送強化の必要性をあらためて指摘。その上で「ただそれはNHKの拡大路線を言っているのではない」と強調し、NHKが肥大化しないようくぎを刺した。

 NHKは、国内では地上波テレビ、衛星放送、ラジオで計8チャンネルを保有。ほかに国際放送で、全世界向けや特定地域向けのNHKワールド・ラジオ日本(短波放送)、NHKワールドTVなどを持つ。

 首相は2月上旬に、国内向け、海外向けの英語放送拡充を竹中氏に指示していた。一方で竹中氏の「通信・放送の在り方に関する懇談会」は、NHKの事業範囲が広いという認識でほぼ一致。NHKのコーポレート・ガバナンス(企業統治)の強化、受信料制度の在り方、公共放送の範囲の明確化−などをテーマに、6月にも結論を出す予定。懇談会では、NHKが子会社などを多数抱えていることも問題視し、スリム化を求めるものとみられる。

 こうした動きに対し、NHKは抵抗しているが、チャンネル数については民放からも「多すぎる」との指摘が噴出しており、劣勢。首相が公に指示を出したことで、NHKのチャンネル数削減の流れが一層加速するのは必至だ。

[2006/3/2/07:38 紙面から]


adidas ≪"中村俊輔+10"チーム vs. "デル・ピエロ+10"チーム≫
ドリームマッチの再戦が決定!共に戦う10人、緊急募集。
中村俊輔選手と戦う、次のチームメートはキミだ!

【関連情報】
にっかんゴールデン試写会
●クォン・サンウ グッズ販売中! ニッカン・ショッピング
いつでもどこでも芸能ニュース!
携帯で映像NEWS!「朝日モバイルステーション」

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【早川愛〜アクセサリー日記】録音♪ [02日23:51]
  • 【黛まどか】「月刊ヘップバーン」終刊します [28日11:15]
  • 【はあちゅうのみーはー主義。】気を入れてきました! [17日23:32]


  • click here!


    ニッカン芸能!への簡単アクセス方法

    ケータイで芸能情報!
    QRコード
    i-mode、Ezweb、Vodafone live!に対応
    詳しくはこちら
    携帯にURLを送信:
    ※上記の入力フォームにメールアドレスをご入力ください。
    ※ドメイン指定受信を設定されている方は「nikkansports.co.jp」を受信可能に設定してください。
    前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.