nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 芸能TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
芸能TOP
音楽ダウンロード
シネマ
占い−0学占星術
インタビュー
イベント/チケット
黛まどか
TV全国番組表
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
芸能タイトル  

久世光彦さん通夜に森繁久弥ら1100人

 2日に虚血性心不全のため死去した演出家で作家の久世光彦(くぜ・てるひこ)さん(享年70)の通夜が6日、東京・文京区の護国寺桂昌殿で営まれた。40年来の親交のある森繁久弥(92)や代表作「寺内貫太郎一家」などの出演者ら約1100人が参列した。

 白い花で飾られた祭壇でたばこを手に笑う久世さんの遺影は、1月に写真家荒木経惟氏が雑誌グラビア用に撮影した写真だった。生前、久世さんが葬儀用に選んだという。棺(ひつぎ)には1人息子烈さん(28)がプレゼントしたマグカップ、死の前日に届けられた最新の文庫本「美の死」、天国でも書けるよう原稿用紙と鉛筆と消しゴム、愛用の「缶入りショートピース」などが納められた。

 テレビ、映画、舞台、小説と幅広く活躍しただけに、弔問の長い列ができた。週刊新潮に久世さんの聞き書きでコラム「大遺言書」を連載中だった森繁は、急死から3日たった前日初めて悲報を知らされた。ショックは大きかったが最前列で通夜を見守り、「息子のように愛した、こんな大事な人が、久世ちゃんがなぜ私より先に逝(い)くのだろうか…。残されたものはたまらない。70歳とは早すぎるし、もったいない。どうぞお静かにお休みください」と文書でコメントした。

[2006/3/7/09:43 紙面から]


adidas ≪"中村俊輔+10"チーム vs. "デル・ピエロ+10"チーム≫
ドリームマッチの再戦が決定!共に戦う10人、緊急募集。
中村俊輔選手と戦う、次のチームメートはキミだ!

【関連情報】
最新映画の予告編公開中!シネマページへ
にっかんゴールデン試写会
●クォン・サンウ グッズ販売中! ニッカン・ショッピング
日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞授賞式
日刊スポーツバックナンバーの申込みはこちら

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【早川愛〜アクセサリー日記】こんばんは★ [06日23:36]
  • 【黛まどか】「月刊ヘップバーン」終刊します [28日11:15]
  • 【はあちゅうのみーはー主義。】スポーツ博士検定試験を受けてきたよ [06日08:14]


  • click here!


    ニッカン芸能!への簡単アクセス方法

    ケータイで芸能情報!
    QRコード
    i-mode、Ezweb、Vodafone live!に対応
    詳しくはこちら
    携帯にURLを送信:
    ※上記の入力フォームにメールアドレスをご入力ください。
    ※ドメイン指定受信を設定されている方は「nikkansports.co.jp」を受信可能に設定してください。
    前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.