nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

保護の赤ちゃん、1、2日で退院できる

 低かった体温が上昇し、泣く力が強くなった。体重も順調に増えており、1、2日で退院できる−。約50時間ぶりに戻ってきた山田柊羽(しょう)ちゃん。手当てした仙台市立病院の担当医は8日の会見で、順調な回復状況にあることに自信を見せた。

 担当医によると、柊羽ちゃんが運ばれたのは、冷え込みの厳しい同日午前6時20分ごろ。毛布にくるまれた状態だったが、出入り口から寒風が吹き込むコンクリート製の建物に数十分から数時間ほど放置されていたとみられ、手足は冷えきっていた。

 新生児の正常な体温は36・7〜37度。しかし、柊羽ちゃんの体温は少し低めの36・3度。泣く力は弱かった。

 エックス線や採血などの検査の結果、脱水症状はなく、健康を大きく損ねていないことを確認。点滴や保育器で体を温めるなどの処置をしたところ、柊羽ちゃんの体温は36・6度まで上昇した。体が温まるにつれ、泣く力も強くなったという。健康なうんちも1回した。

 体重は約4100グラムで、連れ去られる前より約100グラム増加。新生児の体重増加量としては正常。体も汚れておらず、担当医は「犯人がミルクなどを与えていたと考えられる。子育てをした経験があるのでは」と胸をなで下ろした。(共同)

[2006/1/8/12:50]


【関連情報】
阿曽山大噴火の「裁判Showに行こう」

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】プロの技術を間近で [08日11:38]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.