nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

薬販売のネット規制に業者が反発

 厚生労働省が通常国会に提出予定の医薬品のインターネット販売を制限する改正薬事法案に対し、ネット販売業者から「店で買いにくい薬を購入できる利便性を考慮すべきだ」と反発の声が上がっている。数十社が近く、厚労省に意見書を提出する。

 薬のネット販売は、店員と顔を合わせずに購入できるメリットを生かして、妊娠検査薬や便秘薬、水虫薬といった商品を売れ筋として急成長。現在では、大手ドラッグストアに押され、活路を見いだそうと始めた地方の薬局も含め100社以上が販売しているという。身体が不自由な人や乳幼児を持つ母親ら薬局に行きにくい人の利用も多い。

 厚労省の検討部会は昨年12月、大衆薬を危険度に応じて3分類し、ネットを含む通信販売は危険度の最も低いグループだけとする報告書をまとめた。妊娠検査薬や水虫薬などの多くは1ランク上のグループで、改正法が成立すれば軒並み販売禁止になる。(共同)

[2006/1/16/09:04]


【関連情報】
阿曽山大噴火の「裁判Showに行こう」

 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】Vサイン表裏の顔 [16日11:23]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.