nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

亀井氏「小泉首相にも責任ある」

 昨年の衆院選広島6区でライブドアの堀江貴文社長と議席を争った国民新党の亀井静香代表代行(元建設相)は17日午後、同社への家宅捜索について「堀江さんを私のところに『刺客』として送り込んだのは小泉純一郎首相だ。(堀江氏が)法律に違反していることが明確になった場合は(首相にも)責任がある」と批判した。都内で記者団に語った。

 同時に「堀江さんは堂々と白日の下でああいう商売のやり方をしていた。それを承知で小泉改革の旗手として送り込まれた」と指摘。

 堀江氏の経営手法に対しても「金もうけのため手段を選ばなくていいということが一般化されると、社会がめちゃくちゃになる」と述べた。

[2006/1/17/13:49]


【関連情報】
阿曽山大噴火の「裁判Showに行こう」

 最新ニュース 記事バックナンバー 
  • 谷垣財務相が靖国参拝問題を語る [17日20:47]
  • 福井で小児科の院長が焼身自殺か [17日20:37]
  • 株式投信残高が16年ぶりに40兆円台 [17日20:35]
  • 新幹線グリーン車で移動の空き巣を追送検 [17日20:31]
  • 中川氏、安倍氏秘書への相談「影響ない」 [17日20:12]
  • ヒュ−ザー小嶋社長が国会で証言 [17日18:29]
  • 教師の妻から現金詐取、少年ら逮捕 [17日14:31]
  • 自民党が岐阜県連幹部に離党勧告 [17日14:30]
  • 沖縄近海に米軍F15戦闘機が墜落 [17日14:29]
  • 北京にもディズニーランド建設か [17日14:11]
  • 園田競馬場の案内係女性が刺され死亡 [17日14:11]
  • 中学生に売春させた男を逮捕 [17日14:08]
  • 玩具拳銃でコンビニ強盗、25歳の女を逮捕 [17日14:06]
  • 渋谷の売春クラブを摘発、5人逮捕 [17日14:04]
  • 幼女連続誘拐殺人、宮崎被告の死刑確定へ [17日13:50]
  • 埼玉で母子3人が無理心中か [17日12:05]
  • ライブドア株がストップ安売り気配 [17日11:42]
  • マツダ、MINEサーキットを取得 [17日11:04]
  • 新潟、長野の通行止め2時間だけ開放 [17日23:18]
  • 鳥インフル国際会議、大流行阻止へ資金 [17日10:20]
  • 阪神・淡路大震災から11年、各地で追悼 [17日10:18]
  • アフガンで自爆、レスリング会場20人死亡 [17日09:44]
  • 屋根から雪6歳園児死亡 [17日07:26]
  • 村上Fが買い増し、阪神電鉄株43%超 [17日07:25]

  •  ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】今は昔「俺たちの頃」 [17日11:23]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.