nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

IP電話が1000万件突破

 インターネット技術を使ったIP電話の利用数が05年12月末時点で1000万を突破したことが3日、総務省のまとめで分かった。通話料が安い上に、光ファイバーを使ったブロードバンド(高速大容量)通信の普及や技術向上により、音質や信頼性で従来の固定電話と遜色(そんしょく)ないレベルに達したため利用者が増えた。

 NTT、KDDIなど大手通信会社は固定電話のオールIP化を積極的に進め、従来の固定電話は契約数が減少しており、将来はIP電話が主流となるのが必至だ。

 IP電話は、インターネットが普及し始めた90年代半ばからあったが、02年にソフトバンクBBが自社の非対称デジタル加入者線(ADSL)契約者にIP電話サービスを開始したことで普及し始めた。昨年12月末のIP電話利用数は前年同期比35・4%増の1060万件。従来の固定電話と同じ番号が使える光IP電話の利用数は85万となった。

 総務省が同日発表したブロードバンドサービスなどの契約数によれば、昨年末時点の光ファイバー通信の契約数は、前年同期比91%増の463万件となり、ブロードバンド通信全体に占める割合は初めて2割に達した。新規契約から解約を引いた純増数は、05年10−12月の3カ月間は65万件。4半期の純増数では過去最高を記録した。

 NTTグループは、10年度までに固定通信の半分に当たる3000万を光回線に切り替える計画を掲げている。光ファイバー契約の増加に伴い今後もIP電話の増加は止まりそうもない。

[2006/3/3/18:24]



 最新ニュース 記事バックナンバー 

 ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】城島救う日本人先生 [04日11:19]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.