nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

中3女子と同部屋宿泊の教諭を懲戒免職

 大阪市教育委員会は17日、引率先のホテルで女子生徒の体を触るなどのわいせつ行為をしたとして、市立中学校の男性教諭(46)を懲戒免職処分にしたと発表した。

 同教委によると、教諭は05年11月、顧問を務める陸上部の中学3年の女子生徒8人を、東京都で開催される競技会に2泊3日で引率し、2人と同室で宿泊。1泊目の午前1時すぎ、隣のベッドで寝付けなかった生徒を自分のベッドに誘い、約5分間背中などを触った。

 被害に遭った生徒が同級生に打ち明け、今年2月に発覚。教諭は「生徒の体調が悪いようだったので同室にした。教師としてあるまじき行為をして申し訳ない」と話しているという。

 市教委は「生徒と同室で泊まること自体あり得ない。許されない行為だ」として刑事告発する方針。

[2006/3/17/14:30]


【関連情報】
阿曽山大噴火の「裁判Showに行こう」

 最新ニュース 記事バックナンバー 
  • またクジラ?高速船が衝突 [17日21:47]
  • 三菱UFJ、5年ぶり定期金利引き上げへ [17日21:43]
  • ソフトバンクがボーダフォン買収発表 [17日21:29]
  • 少女にタリウム販売した薬局を処分 [17日21:21]
  • 最高裁欠席した弁護人に初の出頭命令 [17日21:14]
  • トヨタなどが支援の全寮制男子校を認可 [17日21:13]
  • イオンのパート時給平均5・4円賃上げ [17日21:12]
  • ライブドア宮内、中村両被告も保釈 [17日21:10]
  • 相模原のOL強殺の男に無期懲役 [17日14:40]
  • 8万匹のミツバチが盗まれる [17日14:38]
  • ベッカム愛用ジーンズの創業者が脱税 [17日14:32]
  • 1都7県の学校荒らし100件以上関与か [17日14:28]
  • 強風で関東の鉄道大きく乱れる [17日14:27]
  • NHK記者の取材源秘匿は認める [17日14:25]
  • 放火で中2男子2人逮捕 [17日14:23]
  • ソニー、次世代DVDを7月に発売 [17日14:22]
  • USEN宇野社長ポンと100億円 [17日12:24]
  • フジ授業料350億円!ようやく縁切り [17日12:23]
  • 大阪で住宅全焼、父子3人死亡 [17日11:53]
  • USENがライブドア支援、ヤフーに攻勢 [17日11:02]
  • 蔵王樹氷が酸性化、中国大気汚染影響か [17日08:31]
  • さようなら国電103系、都心から姿消す [17日08:31]
  • 低気圧通過で東北、東日本海上大しけ [17日08:31]

  •  ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】閉廷後に見せた別の顔 [17日12:22]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.