速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第10回】

ワクチンで免疫つけるか、健康被害恐れるか

あなたの隣の感染症

予防接種

 私たちがかかる可能性のある感染症の中には、予防法や治療法がない病気も多いが、子供のころにワクチンを接種することで、体に免疫をつけて病気を予防できるとされるものもある。

 現在、生後3カ月から15歳までの間に、国が費用を負担して接種を勧めているのは、ポリオ、DPT第1期(ジフテリア、百日ぜき、破傷風)、同第2期(ジフテリア、破傷風)はしか、風しん、日本脳炎、BDGの7種類の予防接種だ。

 94年に予防接種法という法律が改正され、それまで「義務」として集団接種という形で行われてきた予防接種は「努力義務」に変わり、個別接種が中心となった。改正により、保護者の意思で予防接種を受けない権利も認められた。また、もし予防接種による健康被害が認定された場合は、国による補償がされるようになった。

 強制的な集団接種をやめた結果として、各予防接種の接種率は低下しており、これを嘆く現場の医師は多い。親の中には、ワクチンという異物を体内に入れる事による健康被害を心配し、接種を受けない人もいる。確かに、予防接種による事故がないというわけではなく、後遺症や、最悪の場合には死亡するといったリスクもあるのだ。

 「ワクチンとの関係が否定できないとして、補償の対象となった健康被害例は、ワクチンの種類によって差がありますが、およそ100万回接種に1件の割合です。接種後に健康状態が悪化した場合でも、ワクチン以外の要因が背後にあると考えられる場合も多く、被害の認定が難しい面もあります」と小児科医でもある国立感染症情報センター長の岡部信彦氏は説明する。

 予防接種をして病気になるリスクを減らすか、接種による健康被害を恐れて、自然に病気にかかる方のリスクを選ぶか…。予防接種ごとにリスクも違うので、決断は親の意思が尊重される。親の責任は重い。

【ジャーナリスト 月崎時央】

任意接種

 費用は自己負担として推奨されている。インフルエンザ、水ぼうそう、おたふくかぜ、B型肝炎の4つがある。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ