速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第2回】

手洗い、マスク、十分な食事と睡眠

あなたの隣の感染症

SARSの予防法

 新型肺炎(SARS)はこの冬、日本で発生するのだろうか?

 「米国の場合、SARS患者が33例発生していますが多くが輸入例です。日本はSARSの患者数上位3地域(中国、香港、シンガポール)への渡航者も米国の約2・5倍と多い。日本が米国などと比べてSARSの大流行が起きる可能性が低いという合理的な理由はありません」と国立感染症研究所、感染症情報センターの岡部信彦医師は指摘する。

 SARSから社会を守るための計画や治療法などは、専門家に考えてもらうとして、私たちが個人でできることはあるのだろうか?岡部医師に聞いてみた。

 ▼1 手洗い、うがいをよくする。特に、手洗いは感染症全般に有効である。
 ▼2 マスクをする方法もある程度有効とされている。
 ▼3 自分が風邪などをひいた時には、周りの人への配慮としてマスクをしよう。
 ▼4 インフルエンザと初期症状がよく似ている。高齢者や持病のある人はインフルエンザ予防接種を。インフルエンザ予防接種をしておくと、重症化しないため、2つの感染症が流行した時の区別がつきやすい。
 ▼5 バランスのいい食事と睡眠で抵抗力を高めよう。
 ▼6 人ごみは避ける。

 もしSARSが発生した場合、感染症なので、個人の行動の自由と、社会の利益がぶつかることも考えられる。SARSの集団発生を予防するためには、軽い症状でも予防的に隔離される可能性がある。しかし「もし自分や家族にSARSウイルス感染の可能性があり、SARSかもしれない」と思っても、パニックになるのはやめよう。直接医療機関には行かず、地域のかかりつけ医や保健所に電話をし、受診方法などを落ち着いて確認しよう。

【ジャーナリスト 月崎時央】

SARS相談窓口

 各地域で、保健所などにSARSに関する相談窓口が設置されているので、広報紙などを事前にチェックしておこう。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ