速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第22回】

米では入学許可の重要条件

あなたの隣の感染症

予防接種

 製薬会社に勤務するYさん(38)は、小学2年生のT君のパパだが、この秋からニューヨーク支社に転勤となり、家族で渡米した。子供の予防接種制度に違いがあることは聞いていたが、やはりYさんは着任早々、予防接種のことで街を息子と駆け回ることとなった。

 Yさんはまず街の教育委員会を訪ね、T君の健康診断書と母子手帳、そして日本から準備していった「母子手帳の予防接種は済ませた」という英文の証明書を提出した。

 T君は小学校ではツベルクリンを接種後、BCGも接種したのだが、集団接種なので個別に母子手帳に記入がなく、接種済みの証明方法がない。一方、米国の小学校では転入時に6カ月以内のツベルクリンの結果が必要で、しかも陽性の場合は胸部X線検査の結果も提出することになっているという。

 Yさんは、日本語の通じる近所の小児科医を訪れ、放射線科を紹介してもらい、レントゲンを撮って一安心と思った。だが小児科医は「小学校に行くには、あと4つ不足している予防接種がありますね」と言う。「米国では、1度に4つやるのは普通ですよ」と説明され、結局、その場でDPT(3種混合)、HIB(インフルエンザb型菌)、Mumps(おたふく風邪)、B型肝炎のワクチン計4本を接種された。これにはワンパクなT君もさすがに半べそをかいてしまった。

 T君は翌日から無事小学校入学を許可されたが「予防接種のことで、教育委員会に3回、小学校に1回、小児科医に2回、放射線科に2回行き、ワクチン代とレントゲンの費用を併せて350ドル払い、仕事も2日休みました。米国の学校では予防接種が受入れの条件として重要なのですね」。Yさんは、日米の予防接種に対する意識の差を実感している。

【ジャーナリスト 月崎時央】

渡米する子供の予防接種

 日本ではしない注射もあるので、渡米してからの接種は覚悟しよう(州や郡で規則が違う)。結核(ツベルクリン)は注射と判定があり、1回で済まないので、日本で済ませて証明書をもらっておこう。母子手帳は接種漏れをなくすことはもちろん、日本での就学後の記載漏れを修正し、渡航時は必ず持参しよう。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ