速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  あなたの隣の感染症
 

【第44回】

女性の7割は症状出ず

あなたの隣の感染症

性感染症 クラミジア

 「ここ数日37度台の微熱が続いていて、息を吸う時に、右のみぞおちの辺りがひどく痛いのです」。こんな訴えで聖路加国際病院・内科感染症科の古川恵一医師の外来を訪れたのは主婦のR子さん(28)。古川医師がおなかを触診してみると、肝臓の周囲で炎症が起きている様子だ。問診でR子さんは10日ほど前から、急におりものが増え、下腹部の痛みもあったことを打ち明けた。古川医師が血液検査を行ったところ、クラミジア菌の抗体が検出された。

 女性の性感染症といえば産婦人科受診を考えるものだが、R子さんのように「性感染症による腟炎から卵管炎へと菌が上がってきて、肝臓の周囲の炎症として、内科で発見されるケースも、最近は増えています」と古川医師。

 「クラミジアはよく効く抗生物質があります。2週間ほど薬を飲めば治ります。ただ、性感染症ですから、当然パートナーの治療が必要になってきます。恋人や御主人にも説明して受診してもらい、一緒に薬を飲むことになります」。

 性的接触による感染だけに、夫婦間でも、最初の感染源がどちらなのかという心理的にデリケートな問題はある。とはいえ、2人で一緒に治療をしなければ、互いに感染をくり返すことになる。

 実はこの病気、女性の場合は7割が無症状で、R子さんのように腹痛などの痛みが出る人は3割にすぎないことが、病気の発見を遅らせ、感染拡大にもつながっている。無症状の場合でも女性は感染すると、子宮頸(けい)管炎、子宮内膜症、卵管炎、骨盤腹膜炎などを起こし、不妊症や子宮外妊娠の原因となることもある。一方男性は、無症状は3割で、7割は尿道から分泌物が出たり、排尿時に違和感があったり、前立腺炎や副睾丸炎を起こす。前立腺炎は慢性化することもある。

 「クラミジアは、最近世界各国で最も患者数が増えている性感染症の病原体の1つ。気になる症状があるが産婦人科受診に抵抗がある方は、感染症の専門医のいる内科を受診する方法もあります」と古川医師はアドバイスする。

【ジャーナリスト 月崎時央】

クラミジア

 性行為、オーラルセックスでも感染する。潜伏期間は1〜3週間。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ